Suica1つでオフィスやホテルに入退室できる「Suica スマートロック」が12月開始

bio
Yusuke Sakakura

Suica1つでオフィスやホテルに入退室できる「Suica スマートロック」が12月開始

JR東日本がSuicaなど交通系ICカードを利用した新サービス「Suicaスマートロック」の提供を2021年12月より開始すると発表した。

同サービスにより、手持ちのSuicaを使ってオフィスやホテル、マンション、レンタルスペース等に入退室が可能になる。交通系ICカードだけでなく、スマートフォンやスマートウォッチで利用できるモバイルSuicaにも対応する。

Suica1つで入退室できるスマートロック

「Suicaスマートロック」は、クラウド型ID認証システム「ID-PORT」と、クラウド型入退室管理システム「ALLIGATE」のサービスを融合することで、Suica1つで入退室認証実現するサービス。

日ごろ利用しているSuicaなどの交通系ICカードを入退室の鍵として使うことで、管理側でのカード発行が不要になるほか、管理コストも軽減できる。

Suica1つでオフィスやホテルに入退室できる「Suica スマートロック」が12月開始

Suicaを電子キーとして利用する場合は、ユーザー自身がSuicaの番号/IDを事前にオンラインで入力し、自動登録されたリーダーにSuicaをかざすと入退室できる。クラウド化によって一時的に利用する「ゲスト予約」も可能になり、入退室のログもサーバ容量に制限なく保管できる。

「Suicaスマートロック」を導入することで、オフィスビルではIDカードの発行コスト削減や紛失リスクの軽減ができるほか、IDカードを家に忘れた場合でも入退室が可能。

ホテルなど宿泊施設では、カード受け渡しによる接触を回避することで、新型コロナウイルス等の感染リスクを軽減できる。駐車場では定期・月極の際に決済さえ終われば、所有しているSuicaがそのまま利用できるとのこと。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています