bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

スーパーマリオラン、初日に4億7000万円の売上記録も日本人の課金率はやっぱり低い?

スマホアプリ

スーパーマリオラン、初日に1000万回ダウンロード突破。約4億7000万の売上を記録か

12月16日に世界151ヶ国で配信された「スーパーマリオラン」が配信初日に1000万回ダウンロードを突破し、400万ドルの売上を記録したとAppAnnieがレポートしています。

スーパーマリオラン、初日で1000万回ダウンロードを突破

AppAnnieのレポートによると、「スーパーマリオラン」の配信直後に60ヶ国のApp Storeのゲームカテゴリで1位を獲得。配信から数時間後には11ヶ国においてトップセールス部門の1位を獲得したとのこと。

仮の見積もりと前置きしながら「スーパーマリオラン」は公開初日に全世界で1,000万回を超えるダウンロードと400万ドル以上――日本円にして約4億7000万の売上を記録したと伝えています。

Given its visibility, it should come as no surprise that it became the top ranked game by downloads across 60 countries immediately after launch. Based on preliminary estimates, this includes over 10 million downloads and over $4 million in consumer spend worldwide on December 15.

日本のトップセールスランクは先進7ヶ国で最低の6位に

AppAnnieが発表したスーパーマリオランの「予測」ダウンロード数はこれまで複数の調査会社が発表した285万または500万ダウンロードといった数値を大幅に上回るものです。

10月の時点で2,000万人以上の通知登録者がいながら285万や500万ダウンロードではかなり物足りないという印象でしたが、1000万ダウンロードならばそれなりに納得できる数字のような気がします。

なお、AppAnnieのデータによれば、日本でも配信初日に全体ランキングとゲームカテゴリで1位を獲得。AppStoreのレビューは1200円を払うのが惜しい無課金ユーザーによって低評価が付いていますが、トップセールス部門でも6位にランクインしたようです。

ただし、先進7ヶ国ではアメリカ・カナダ・イギリス・ドイツ・フランスで1位、イタリアで2位になっており、日本における課金率の低さが顕著にあらわれています。

一応、日本人の課金額は世界的でトップとの調査結果もありますが、多額をつぎ込む一部の「廃課金」と言われるユーザーが総課金額を押し上げていることが原因といった見方もあります。

買い切り型の「スーパーマリオラン」で振るわなかったことを考えると、日本人の課金率が低いという見方は大きく間違っていないのかもしれません。

投票が少数ではありますが、Twitterでアンケートを取ったところ約3割が課金しているようです。



Super Mario Run
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています