bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Wi-Fi自動接続アプリ「タウンWiFi」、ユーザーを分類し自動接続・切断を最適化する新機能を追加

スマホアプリ

Wi-Fi自動接続アプリ「タウンWiFi」、ユーザーごとに自動接続・切断を最適化する新機能を追加

コンビニや駅などで利用できる無料Wi-Fiに自動接続するアプリ「タウンWiFi」にWiFiパーソナライズ接続機能が追加された。

同機能はタウンWiFiがこれまでに蓄積したWi-Fiの混雑状況や通信速度、無料Wi-Fiの必要度合いなどに関するビッグデータと無料Wi-Fiへの自動接続・切断機能を掛けわせることで快適なWi-Fi環境を実現する新機能だ。

ユーザーのニーズに合わせてWi-Fiの自動接続・切断を行う新機能

新たに追加されたWiFiパーソナライズ接続機能は「ユーザーの分類」「Wi-Fiの混雑状況を把握」「ユーザーに合わせて自動接続・切断(パーソナライズ)」によってWi-Fi環境を快適にする。

まずアプリの利用状況を元に無料Wi-Fiの利用方法を独自に測定しユーザーを分類する。例えば、今スマートフォンを見ていない/使っていない人をWi-Fiの必要度が低いユーザー、高速なWi-Fiのみ利用する人を高速Wi-Fiのみ利用するユーザー、遅いWi-Fiも利用している/速度制限になる人をWi-Fi必要度が高いユーザーと判定する。

次にWi-Fiの混雑状況を時間ごとに分析することで、混雑している遅いWi-Fiとこれから混雑するWi-Fiを把握し、前述したユーザーの分類に応じてWi-Fiの接続・切断を自動で行う。例えば、高速Wi-Fiのみを利用するユーザーには混雑しているWi-Fiや混雑しそうなWi-Fiには接続しないといった制御を行う。

さらに、ユーザーニーズをWi-Fiごとに細分化してパーソナライズされた接続や切断を実現する。例えば、駅のWi-Fiであればホームで待機している場合は自動接続するが、電車に乗車中の場合はWi-Fiに接続しない、または切断するといった制御を行う。カフェであれば通りすがるだけの場合は接続しないが、カフェで毎日時間を過ごしている場合は優先的に接続する。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」を買ったら設定しておきたいこと11のこと

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法
Recommendこんな記事も読まれています