人気のTwitterアプリ「Tweetbot」が140文字制限の緩和に対応

スマホアプリ

人気のTwitterアプリ「Tweetbot」が140文字の制限緩和に対応

人気のiPhone・iPad向けTwitterアプリ「Tweetbot 4 for Twitter」が、バージョン4.5.1にアップデートしました。

今回のアップデートは、Twitterが先日公開したばかりの140文字制限の緩和に対応したものになっています。

Tweetbot 4が、140文字制限の緩和に対応

Twitterは、日本時間9月20日にツイートに含まれる写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイートを140文字のカウント対象から外すアップデートを展開しました。

人気のTwitterアプリ「Tweetbot」が140文字の制限緩和に対応

画像を4枚アップしても140文字にカウントされていない

このアップデートは、開発者向けに提供されるTwitter APIにも適用されているため、公式アプリ以外のサードパーティ製のアプリにも反映されますが、140文字のカウント機能をアプリ側で実装している場合はアプリのアップデートが必要になります。

Tweetbotのアップデートはカウント機能の変更と予測されます。なお、今回のアップデートでは日本語対応の改善も行われています。

Tweetbot 4 for Twitter

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/02/27
ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」

au

2021/02/26
ドコモとKDDI、解約手続きページを検索結果から除外。総務省指摘で修正

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表
Recommendこんな記事も読まれています