Apple、「watchOS 3.1.3」をリリース〜前Verは文鎮化で配信中止

bio
Yusuke Sakakura

Apple、「watchOS 3.1.3」をリリース〜前Verは文鎮化で配信中止

Appleが、Apple Watch向けに「watchOS 3.1.3」の配信をスタートしました。アップデートの内容はバグの修正と案内されています。

watchOS 3.1.3がリリース、問題の改善とバグの修正

watchOS 3.1.3のアップデート内容は「このアップデートには問題の改善およびバグの修正が含まれます。」と案内されています。

前バージョンは「watchOS 3.1.1」はまったく同じアップデート内容が案内されてリリースされましたが、アップデート中にエラーが発生してApple Watchが文鎮化すると報告されると、Appleは配信を中止。文鎮化したApple Watchは初期化では解決せず、Apple Storeなどに持ち込む必要がありました。

配信中止後、配信が再開されることはなく、バージョン3.1.2をスキップして本日「watchOS 3.1.3」がリリースされています。

watchOS 3.1.3にアップデートするには、iPhoneでwatchアプリを起動して「マイウォッチ」画面から「一般」に進んで、「ソフトウェア・アップデート」を選択。「ダウンロードとインストール」をタップすると、アップデートが開始されます。

なお、アップデートするにはApple Watchが50%以上充電されていること、Wi-Fiに接続されたiPhoneの近くにある必要があります。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています