今年秋登場のwatchOS 8、iOS 14のままでもアップデート可能に

bio
Yusuke Sakakura

今年秋登場のwatchOS 8、iOS 14のままでもアップデート可能に

Appleが今年秋に公開するApple Watchシリーズ向けのソフトウェア・アップデート「watchOS 8」

これまで最新のwatchOSにアップデートするには、ペアリングしたiPhone側のiOSも最新のバージョンである必要があったが、watchOS 8はiOS 14のままでもアップデートできることがわかった。

iOS 14のまま重大なセキュリティやwatchOS 8にアップデート可能に

Appleが公開したwatchOS 8のプレビューページにて、watchOS 8の対応機種や利用条件が記載されている。

対応機種はApple Watch Series 3/4/5/6/SEの5機種。また、ペアリングされているiPhoneのソフトウェアがiOS 14以降にアップデートされていてiPhone 6s以降のモデルでなければいけない。

注目すべきはiOSのバージョン。watchOS 8と同時期にリリースされるiOS 15ではなく、旧バージョンになるiOS 14でもApple Watchを最新のwatchOS 8にアップデートできるということになる。

iOS 15のリリース以降は1つ前のバージョンにもセキュリティアップデートが提供されるため、秋以降もiOS 14を使い続ける人が多くなりそうだ。

なお、watchOS 8では、新しいマインドフルネス機能「リフレクト」や新しい文字盤「ポートレート」、太極拳とピラティスのワークアウトが追加され、睡眠時に1分あたりの呼吸数を計測が可能になる、ほかにも複数のタイマー設定やミュージックアプリの刷新、AirTagなどの持ち物を探せる機能に対応する。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています