bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ウィルコム
  • W-ZERO3裏技 – 基礎知識編
  • までのPHSの形態を覆したW-ZERO3

    どこでもネットを繋ぎたい。携帯のウェブサイトなんかクソったれだmp3ファイルを携帯で聞きてぇよ。という人はお勧めです。
    かなりのPCヘビーユーザーじゃない限りお勧めはしません^^;
    少し知識が必要なので初心者には無理だと思います。

    でも好奇心旺盛な人はぜひ読んでw

    まずWILLCOMの契約プラン自体わかりにくいです。(こちら)
    プランについてもわかりやすく説明していきます。
    まずスペックについてはこちら

    一番気になるのは料金ですよね。
    W-ZERO3端末本体の価格は発売当初と変わらず3万9800~5万3800円(PHSの契約内容によって異なる)です。

    次にプラン。
    オススメとされているのは
    ウィルコム定額プランデータ定額(オプション)
    です。
    ちなみに速度は32~128kbps。

    この速度かなり遅いです^^;
    FOMAは384kbps、auは2.4Mbpsです。
    FOMAの二分の一以下です。
    月額300円で200%高速化できるみたいですがそれでも256kbpsです。

    これを一気に爆速にする方法があります。無線LAN、公衆無線LANを使えばなんと最大11Mbpsの速度で接続できます。
    公衆無線LANはサービスによって変わります。
    無線LANの場合は300Kbps~11Mbpsの速度で接続可能。

    公衆無線LANについて少し触れます。
    公衆無線LANというのは駅やホテル、飲食店などがアクセスポイントになっていてそこを利用してネットなどを楽しむというものです。
    そのためカバーエリアも限られているので田舎に住んでいる人にはお勧めしません^^;

    東京都の山手線を利用する人はライブドアワイヤレスがオススメですね。月額525円と安く。山手線の80%をカバーしています。
    ※初期設定費用に1050円かかります。
    他にも公衆無線LANサービスを提供しているところはありますよ♪
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ウィルコムの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー