ウィルコム、携帯型無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を発売。

bio
Yusuke Sakakura

ウィルコム、携帯型無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を発売。


ウィルコムは、携帯型の無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を2月19日(木)に発売すると発表しました。

「どこでもWi-Fi」は、eneloopを電源としW-SIMカードを通信モジュールとすることで持ち運びが可能な無線LANアクセスポイントとなっています。

料金プランや端末価格も発表!

WILLCOM|~超小型通信モジュールW-SIM(ウィルコム シム)搭載。いつでもどこでも日本全国が無線LANスポットに~ どこでもWi-Fi<型番:WS024BF>の発売について

ウィルコムは携帯できる無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を2月19日に発売すると発表しました。

バッテリーには三洋電機製の「eneloop」を、通信モジュールには「W-SIM」を採用しています。動作時間はPHSと無線LANの連続使用で約2時間程度。

「どこでもWi-Fi」の端末価格は、頭金が4800円。利用料金は、「どこでもWi-Fi」専用プランと端末代金として月額1980円となっています。月額1980円に含まれる端末代金は24回払いを想定。支払いが終わった後の価格や単体での販売は検討中となっています。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています