bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ウィルコム、ソフトバンクから買収か。

ウィルコム
ウィルコム、ソフトバンクモバイルに買収か。
2009年9月に事業再生ADRの手続きを申請し、現在経営再建中のウィルコムですが、先日ソフトバンクモバイルが支援企業として名乗りを上げたと一部報道がありました。

両社ともに否定していますが、火のないところに煙は立たないんですよね。

ウィルコムにソフトバンクが支援企業として名乗りを挙げたとの報道。

今朝の読売報道より、事業再建ADR手続きにより「抜本的な事業再生」中のウィルコムに、ソフトバンクが支援企業として名乗りを挙げていることが明らかになりました。2年ほどまえには2.5GHz帯の割り当てで激しく争った両社ですが、支援が実現すれば皮肉にも割り当てに敗れたソフトバンクが、割り当てを受けたものの次世代PHSの展開に苦戦しているウィルコムを救済するかたちになります。

情報元:「ウィルコム支援にソフトバンク名乗り」報道


これに対して3社は以下の様にコメントしています。ちなみに、カーライルはウィルコムの筆頭株主です。

当事者であるウィルコムは「そのような事実はない」とコメント。一方のソフトバンクも「憶測記事にはコメントはない」としている。また、カーライルでも「そのような事実はなく、すでに発表している通り、ADRの作業を進めているところ」とコメントしている。

情報元:ソフトバンクがウィルコム再建支援との報道、両社がコメント – ケータイ Watch


3社とも否定しているものの、最近の傾向ではこういう噂が立ってしまうと必ず実現しているんですよね。

ウィルコムとソフトバンクモバイルといえば、2.5GHz帯の免許割り当てを争った仲。結果的にウィルコム(とKDDI)が免許を取得する形になりましたが、もし、この報道が本当ならば敗れたソフトバンクモバイルが2.5GHz帯を使用したサービスを提供するでしょう。そうなった時は現行のPHSや次世代PHSなどどのように運用していくのか気になる所です。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2019/12/05
おサイフケータイをタッチレス化。ドコモが実証実験

セール

2019/12/05
800円オフ、アプリ版「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP」がセール中

Android

2019/12/05
Android 11、機内モード時にワイヤレスイヤホンが切断されないよう改善か

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/04
iPhone 12、画面内蔵型の指紋認証センサー搭載か
Recommendこんな記事も読まれています