bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-09-12 13:33:52
  • トップページ
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 6とiPhone 6 Plusの違いを比較!予約と購入で迷っている人こっちこい!
  • iPhone 6とiPhone 6 Plusの違いを比較!予約と購入を迷っている人こっちこい!
    本日、9月12日の16時からiPhone 6とiPhone 6 Plusの予約が開始されます!

    昨日紹介した「大阪弁によるiPhone 6/6Plusの説明動画」を見たものの、どちらにするかまだ迷っております・・・あと予約開始まで4時間しかないのに・・・

    そんな人は日本でも腐るほどいるだろうってことで、iPhone 6とiPhone 6 Plusを比較したいと思います。

    ディスプレイとサイズが違う!

    iPhone 6iPhone 6 PlusiPhone 5s
    サイズ
    (縦)
    138.1mm158.1mm123.8mm
    サイズ
    (横)
    67.0mm77.8mm58.6mm
    サイズ
    (厚さ)
    6.9mm7.1mm7.6mm
    ディスプレイ4.7インチ
    1334×750ピクセル
    326ppi
    1,400:1コントラスト比
    5.5インチ
    1920×1080ピクセル
    401ppi
    1,300:1コントラスト比
    4インチ
    1136×640ピクセル
    326ppi
    800:1コントラスト比(標準)

    こんな数字目に穴が空くほど見たけど、決めかねてる!っていう人がほとんどでしょう。ぼくもそう。


    iPhone 6 Plusは1万円と同じサイズとも言われていて、これなら行ける!って思った人もいるでしょうが、ちょっと待って。

    1万円は薄っぺらくて、握った時に曲がって小さくなるのでそれじゃ見た目のサイズはわかっても握った時のサイズ感まではわからないんじゃないでしょうか。

    iPhone 6 Plusのサイズでは、片手でフリック入力ができない、そしてズボンの前ポケットに収まらないとも言われている。

    iOS 8でようやく快適になると言われている文字入力がサイズによって台無しになるのはちょっと困りますよね・・・

    フリック両手でやればいいじゃん、片手モードもあるじゃんってのもわかるけど、ポケットに入らないということは取り出すのにも苦労するということで、電車やカフェでポケットから取り出そうとするならいちいち立ち上がらなきゃいけないのを想像すると「ちょっとなぁ・・・」という気分に・・・

    カメラはiPhone 6 Plusが魅力的!

    iPhone 6iPhone 6 PlusiPhone 5s
    メインカメラ新しい8メガピクセルiSightカメラ
    Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
    ƒ/2.2の開口部
    自動手ぶれ補正
    写真の自動HDR
    強化された顔検出
    露出コントロール
    パノラマ(最大43メガピクセル)
    バーストモード
    タップしてフォーカス
    新しい8メガピクセルiSightカメラ
    Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
    ƒ/2.2の開口部
    光学式手ぶれ補正
    自動手ぶれ補正
    写真の自動HDR
    強化された顔検出
    露出コントロール
    パノラマ(最大43メガピクセル)
    バーストモード
    タップしてフォーカス
    8メガピクセルiSightカメラ
    ƒ/2.2の開口部
    自動手ぶれ補正
    写真の自動HDR
    顔検出
    露出コントロール
    パノラマ
    バーストモード
    タップしてフォーカス

    iPhone 6 Plusには、より手ブレに強い「光学手ブレ補正」が付いています。


    普段、デジカメを持ち歩かずiPhoneのカメラを使っている人にとってこれは魅力的・・・上の方で書いた文字入力に関しては後からアップデートでキーボードのサイズがリサイズできるなどのアップデートがあるかもしれませんが、ハードはどうしようもないですからね。

    ただ、やっぱりここでも気になるのはiPhone 6 Plusのサイズと重さ。

    iPhoneを片手で持って写真を撮影する人が多いと思いますが、iPhoneを落としてしまうのではないかとかいう不安がつきまとう・・・こればっかりは実機で試さないとわかりませんが・・・

    バッテリーもiPhone 6 Plusが超魅力的!

    iPhone 6iPhone 6 PlusiPhone 5/5s
    連続待ち受け最大10日(250時間)最大16日(384時間)最大10日(250時間)
    連続通話
    (3G)
    14時間24時間10時間
    3G10時間12時間8時間
    4G LTE10時間12時間10時間
    Wi-Fi11時間12時間10時間

    あくまでもカタログスペックですが、iPhone 6 Plusは連続待受時間が6日も伸びています。4G LTEでも最大2時間も長く使えるなど、今使っているiPhoneのバッテリーの持ち時間に不満を持っている人は、iPhone 6 Plusがかなり魅力的に感じるかもしれませんね。

    いつも持ち歩いてるモバイルバッテリーから開放されるのも魅力的でしょう。

    で、あなたはiPhone 6とiPhone 6 Plusどっち選ぶ?

    さて、どちらが魅力的に感じたでしょうか。

    個人的には、日常の生活の中で快適に使いたいのであれば「iPhone 6」、今のiPhoneのカメラとバッテリーに不満があるという人は「iPhone 6 Plus」を選んだ方がいいのかなという気がしています。


    ただ、こうやって比較してみると、iPhone 5sを使っている僕としては「iPhone 6」にする意味はあまりないのかなとも思いました。

    大きいディスプレイやバッテリーの持ち時間が不満ならば「iPhone 6 Plus」がいいでしょう。唯一、カメラは静止画のオートフォーカス周りに加え、動画周りも性能アップしているのでカメラに不満を感じるのならばiPhone 5s→iPhone 6はありかなぁと思いました。

    ということで買うなら「iPhone 6 Plus」!

    今使ってるauのiPhone 5sは、格安SIM(MVNO SIM)のmineoもauのSIMもそのまま使えるので、iPhone 2台持ちして使い分けするのもありだなと。なので容量は16GBあれば良いんじゃないかと。

    あとは、SIMフリーかキャリア版かということになりますが、こればかりは端末価格が出るまではといったところですね。

    ▼各社のオンラインストアはこちらからどうぞ。

    ▼iPhone 6/6 Plusの予約方法はこちらでまとめています!

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone 6/6 Plusの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー