bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

CCDとCMOSどちらが優れているのか?

お役立ちコンテンツ
CCDとCMOSどちらが優れているのか?
ここ5年ぐらい前から携帯電話に搭載されるカメラはCMOSカメラというものが多く採用されるようになり、ここ最近の携帯電話に搭載されるカメラはほとんどがCMOSカメラでありCCDカメラが採用されている端末はほとんど見られません。

何故CCDカメラの供給が減り、CMOSカメラの供給は急増したのか?CCDカメラとCMOSカメラとの違いをお伝えしたいと思います。

デジタルカメラの知識では決して語れない携帯電話のカメラ。

CDDとCMOSの違い。

画質では構造上原理的にCCDの方がCMOSよりも優れています。理由についてはITmediaの記事を参考にしてください。

また、CMOSというのは構造上、真っ黒の被写体を撮影した場合に発生するノイズ(暗時ノイズ)や縦に入る筋(縦筋ノイズ)、被写体に弱く、ひずみ(現在では、読み出し速度が上がっているため、実用上問題ないとも言われます。)の発生が大きく起こります。しかし、明るい光を撮影した際に発生する光の筋といわれるスミアの発生が皆無というメリットも持っています。

大まかに語るとこれぐらいCMOSにはデメリットがあります。これを改善するには、回路を増やしたりするんですが、その際に発生するコストがCMOSの最大のメリットとなる安価というものが薄れてしまいます。

何故、CMOSが採用されるのか?

CCDに比べてCMOSは、生産環境を整えやすい、駆動回路がシンプルであるため生産がしやすい、小型化が容易、低消費電力というのが大まかな違いとなっています。つまり、メーカー側からすると低コストで開発が行える携帯電話に搭載する条件をCMOSの方が満たしやすいということになります。

当初は、携帯電話は高機能を目指し、どんどん厚みが増していったわけですが、最近では需要に応じて、メーカーが端末を薄化させていっています。こういった時代の流れから現在では、携帯電話に搭載されるカメラはCMOSカメラがほとんどです。「携帯電話のカメラはメモ程度に使え」というのがメーカー側の本音なのでしょう。メーカー側も携帯電話だけを開発してるのではなく、デジタルカメラも開発しているメーカーがほとんどですからね。

管理人の一言。

消費電力においてCMOSカメラが有利であると言われていますが、最近の携帯電話がバッテリーゲージが1になるとカメラが起動できません。CMOSカメラのメリットが薄まってるなと思います。文章に間違いがあればどんどん突っ込んでください。

CCDカメラとは
http://mobilelaby.com/blog-entry-318.html
CMOSカメラとは
http://mobilelaby.com/blog-entry-317.html

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

HUAWEIの噂・最新情報

2019/11/14
“プロレベル”の4眼カメラ搭載「HUAWEI nova 5T」登場。価格は5.9万円

LINE

2019/11/14
LINEとソフトバンク、経営統合について「検討を進めていることは事実」と発表

Pixelの噂・最新情報

2019/11/14
Pixel 3、突然電源が落ちる不具合が報告される

LINE

2019/11/13
ソフトバンク、LINEと提携検討。買収も視野に
Recommendこんな記事も読まれています