bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

CMOSカメラ (シーモスカメラ)

CMOSカメラとは、携帯電話において最も採用されています。
その理由とされているのが消費電力が少ないことです。アプリなどの機能は日々進化しているためバッテリーの持ち時間が少ない携帯電話においてこのCMOSカメラの特徴は携帯電話にとってとても意味を成すものです。

CCDカメラと比較すると発色の良さについては劣っている。

見た目では、大きなレンズを持っているのがCMOSカメラではないかとも言われています。
CMOSカメラは、これからも携帯電話、デジカメを主に搭載されていくために小型化・省電力化されています。

デジカメならば電池もちも結構いいので消費電力が高くても特に支障は無いと思いますが、携帯電話の場合は電池もちに問題があるのでCMOSカメラは必須だと思います。

しかし、来年の春ごろからは燃料電池が投入されるとのことなので携帯市場でのCMOSカメラは衰退していくのかもしれません。

ちなみに僕の使っているW41HもCMOSカメラ(有効画素数207万画素)ですが、画質に関しては満足しています。カメラを選ぶ際に参考にしてみてください。
この記事も読まれてます!
Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
2件のコメント
  • 半導体についての知識
    No.686

    CMOSについて

    CMOSCMOS(シーモス、Complementary Metal Oxide Semiconductor)とは、狭義では相補形MOS(金属酸化膜半導体)のことをいう。ただし、単にCMOSと言った場合、使われる文脈によって、いろいろな意味合いをもつ(『その他の用例』参照)。概要pチャネルとnチャネル

  • 匿名
    No.685

    CNOSの3300万画素があるようですよ。

コメントを残す

(任意)
(任意)

携帯用語辞典の人気エントリー

まだデータがありません。

本日の人気エントリー
今週の人気エントリー