WILLCOM、2008年春モデルを7機種発表!

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:23

WILLCOM、2008年春モデルを7機種発表!


ウィルコムが2008年春モデルを7機種発表しました。

HONEY BEE – ポップなカラーとデザインのポップケータイ。
WX330K – スリム&スタイリッシュケータイ。
X PLATE – 台湾やタイ、中国で使用できるビジネスケータイ。
9+ – 赤外線機能の追加などマイナーチェンジ。
WS014IN – W-SIM対応のデータ通信カード。
WX320T – 3色の新色を追加。
nico+ – 赤外線機能を追加したリニューアルモデル。

新サービスの開始も!


デコラティブメールは、HTML形式でメールの背景や文字などを装飾することができるサービス。
サービス対応端末同士でやりとりができ、ウィルコム定額プランに加入しているユーザーは送受信ともに無料となります。レイアウトやアニメーションが正しく表示されるかわからないものの、他キャリアのデコメールとのやりとりも基本的に可能となっています。

■主な機能
・文字色・サイズの変更/文字の点滅・アニメーション/画像の挿入/背景色の変更/音楽の自動再生

■サービス開始日。
・2月下旬(HONEY BEEの発売日に合わせて。)

■対応機種
HONEY BEE
WX330K
・Advanced/W-ZERO3[es](3月を目途に対応。)

WILLCOM2008年春モデル総評。

去年のウィルコムはあまりデザイン的な革新が無く、どれもこれも見たようなものばかりでしたが今回は「X PLATE」がウィルコムとしては新しいのかもしれませんね。「HONEY BEE」については全キャリアを通じて新しいです。まさか、テンキーが立体的になるとは・・・。

機能面ではあまり新しいものが見当たりませんね。赤外線機能もいまやついていて当たり前ですし。「W-OAM」に対応した機種が増えた事に対しては評価できます。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています