ドコモ、「906iシリーズ」通信速度を7.2Mbpsへ。

NTTドコモ

ドコモ、「906iシリーズ」通信速度を7.2Mbpsへ。


日経経済新聞の報道によると2008年の春夏モデルに位置づけられるNTTドコモの「906iシリーズ」が下りの通信速度を最大3.6Mbpsから7.2Mbpsへ向上させることがわかりました。

これまで下り最大7.2Mbpsの通信速度に対応した機種はLG電子製の「L705iX」とデータカード端末のみに限られていましたが、906iシリーズでPanasonic製の「P906i」やNEC製の「N906i」が対応するのではないかと見られています。

7.2Mbps否定説はなんだったんだろう・・・。

ドコモ主力機種、通信速度2倍:日経ネットPLUS(会員登録必須)

この記事によると、ドコモは「906iシリーズ」のPanasonic製の「P906i」やNEC製の「N906i」や「N906iL」、「N906iμ」を下り最大7.2Mbpsの通信速度に対応させることが明らかになりました。

mpw.jpさんの計測結果からも7.2MbpsのHSDPAに対応するのではないかと噂されていました。対して端末の型番を偽装したのではないかと7.2MbpsのHSDPAに対応しないという否定説もありましたが、やはり対応するようです。

mpw.jpさんの計測データからすればNEC製の「N906iL」とパナソニック製の「P906i」が約4.2Mbps~4.3Mbpsの通信速度を残しており、この2機種が今のところ確定してはいますが、この2機種に「X」といったHSDPA対応端末を表す表記がないため、複数の機種で7.2Mbpsに対応し、今後は標準搭載されるのではないかと見られています。

906iシリーズ最新情報

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説
Recommendこんな記事も読まれています