bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ウィルコム,携帯型無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」発表

ウィルコム
ウィルコム、携帯型無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を発表。
ウィルコムは、携帯型無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を発表しました。

「どこでもWi-Fi」は、エネループを電源としW-SIMカードを通信モジュールとすることで持ち運びが可能な無線LANアクセスポイントとなっています。

通信方式はIEEE802.11b/g。セキュリティはWPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128/64bit)をサポートしています。

これはすごいなー・・・。

W-SIM対応、eneloopで駆動する「どこでもWi-Fi」

この記事によると、ウィルコムとバッファロー、三洋電機の3社はPHS通信モジュールの「W-SIM」を装着でき、三洋電機の充電池「eneloop」をバッテリーとして「Wi-Fi」を利用できる携帯型無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を共同開発したとのこと。

アルテル製のW-SIMカード「RX420AL」が同梱され、通信速度は最大204kbpsに対応。4x/2x/1xパケット方式、フレックスチェンジ方式、64kPIAFS/32kPIAFSでの通信が可能となっています。
電源はACアダプタまたは単3電池4本で動作しますが、パッケージにはeneloopの単3電池4本と充電器が動向されるようです。動作時間はPHSと無線LANの連続使用で約2時間程度とのこと。

LANポートやUSBポートは用意されていないため、固定回線やイー・モバイルのようなUSBでパケット通信が利用できるものは使用できません。

価格は未定となっており、発売日は2009年春頃となっています。W-SIM同梱版での発売が予定されていますが、どこでもWi-Fiの単体発売も検討しているようです。料金体型については最大でも新つなぎ放題の月額3880円とみられ、Wi-Fi向けの料金プランも検討しているようです。

利用するシーンとしては外出先でのオンラインゲームやwebサイトの閲覧などを想定しているようです。


少し残念なのは駆動時間と料金プランですね。駆動時間が6時間で月額1000~2000円ぐらいなら大ヒットする可能性はありそう。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE

2019/11/18
ヤフーとLINEが共同会見。経営統合の理由を語る

Googleニュース

2019/11/18
Googleアドセンス、スマホアプリ廃止へ

キャッシュレス

2019/11/18
d払い、ついに「iD」対応。まずはAndroidから

Googleニュース

2019/11/18
Google Playが「PayPal」に対応。銀行口座からの支払いも
Recommendこんな記事も読まれています