ソニーが開発中のAndroidケータイが明らかに。

Android

ソニーが開発中のAndroidケータイが明らかに。


ソニーが開発しているAndroidケータイの詳細が明らかになりました。1GHzのCPUを搭載している事や「Rachael」と呼ばれるコードネームであることがわかっています。

デザインはイイ!

ソニーが開発中のAndroid搭載スマートフォンや謎の携帯電話の詳細が明らかに – GIGAZINE

ソニーが開発しているAndroidケータイのコードネームは「Rachael」で、メインディスプレイには4インチのWVGA(480×800ドット)のタッチパネルと800万画素のカメラを搭載し、下り最大7.2MbpsのHSDPAを採用。CPUには1GHzのQualcomm製「QSD8250 Snapdragon」を採用しているとのこと。

「Racheal」の画像。


「Racheal」を色んな方向から。


4インチのディスプレイを搭載しているということで日本の端末で言えば「T-01A」と同じ分類になりますかね。でも、個人的にスマートフォンや携帯電話のディスプレイは3.5インチが限界だと思うんですよね。それ以上大きいディスプレイを搭載するとサイズも大きくなって携帯しにくくなりますから。

デザインが良いだけに「Racheal」のサイズ小さければ結構売れそうなんですが。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超

au

2021/02/25
au、新プラン3月1日開始。最大2,070円値下げ、Netflixも価格改定

au

2021/02/25
auショップ等、LINE設定やデータ移行に2000円。有料の店頭サポート開始
Recommendこんな記事も読まれています