bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPhone 4のホワイトモデルを7月末に発売。

iPhone

AppleがiPhone 4を左手で持った際に電波状態を示すアンテナバーが激減する事象に対するサポート内容とiPhone 4のホワイトモデルについて記者説明会を開催しました。

電波状態が激減する事象に対して、Bumperを無料配布。

Bumper購入者には返金:Apple、iPhone 4購入者にケースを無償配布 アンテナ問題解消のため – ITmedia +D モバイル

iPhone 4の発売日直後に端末の持ち方によってアンテナバーの表示本数が激減するといった不具合が発覚。
Appleの調査結果によれば、激減する前のアンテナレベルが異常で、バグの原因はアンテナバーを表示する計算式が間違いであったとして、先日iOS 4.1のアップデートを提供し、アンテナバーの表示本数が正常になるように修正を行いました。

しかし、このアップデートによって修正されたのはアンテナバーを表示する際の計算式であり、iPhone 4を左手で持った時に電波状態が悪くなるという事象は修正されていません。

これに対してAppleでは、Bumperを利用すれば電波状態が悪くなるといった事象は起きないとして、Bumperを無料で配布することと既に純正のBumper(サードパーティ製のBumperを購入した人は対象外)を購入した人には全額返金を行うと発表しました。また、iPhone 4に満足できない人には購入後30日以内なら全額返金することも明言。
ちなみに、Bumperは製造が追いついていないため、サードパーティ製のケースも含めた複数の選択肢の中から1つのBumperを選ぶようにするようです。

現在は米国での対応のみと発表されたものの、今後同様の対応を米国以外でも実施するとのこと。

また、新たな不具合についても発表。iPhone 4には近接センサーが搭載されていますが、通話中に端末に顔を近づけてもこれが正常に作動せずに通話が切れたり、音声がミュートになったりするというもの。この不具合については修正作業中とのこと。

さらに、構造の欠陥問題から発売が遅れていたiPhone 4のホワイトモデルについては7月末より発売を開始することが明らかになりました。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています