bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Adobe、Android向けに「Adobe AIR」を提供。

Android

AdobeがAndroid向けに「AIR for Android」を提供しました。

これにより、アプリ制作者はHTMLやJavaScript、Adobe Flash、ActionScriptなどを利用して、Androidアプリを作成することが可能になります。

アプリ容量が16MB!

「AIR for Android」のダウンロードはAndrolibより以下から行えます。
Adobe AIR ~ Android用アプリケーション v2.5.0.1660 デベロッパー Adobe Systems | ツール

「AIR for Android」は、Android 2.2をインストールした端末で動作し、アプリはデスクトップ用に作成されたアプリはをAndroidでそのまま利用できず、Android用にビルドする必要があるようです。

現在、Androidマーケットに公開されている「AIR for Android」を利用して動作するアプリは数が少ないですが、「AIR for Android」によって開発への入り口が広がり、今後多数のアプリが公開されそうですね。

しかし、「AIR for Android」の容量が16MBとというのはちょっと・・・。インストールした直後に空き容量低下の警告がでました・・・。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/12/14
「Apple川崎」がオープン。1,600人超の行列、記念トートバッグ配布終了

スマホアプリ

2019/12/14
更新:iPhoneをiPodにするアプリ「Rewound」が公開

Appleニュース

2019/12/12
Apple川崎、オープン日に新トートバッグなど記念品を先着で配布

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel向けの新アップデート「feature drops」発表
Recommendこんな記事も読まれています