bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「Galaxy S II」のCPUクロック数が1GHzから1.2GHzに変更。Galaxy SのOSアップデート時期も明らかに?

Android

サムスン電子の大ヒットAndroidケータイ「Galaxy S」の後継機である「Galaxy S II」のCPUが1GHzから1.2GHzに仕様変更を行う事が明らかになりました。

Galaxy S IIは夏モデルとして登場?

サムスン、「GALAXY S II」など最新モデルを日本で披露 – ケータイ Watch

サムスンテレコムジャパンがサムスン電子が海外で発表しているモデルを日本国内向けに発表会を行い、今後の予定を明らかにしました。

まず、2月の発表時に「Galaxy S II」については、搭載されるデュアルコアCPUのクロック数を1GHzから1.2GHzに変更すると発表されました。

また、通信方式は下り最大21MbpsのHSPA+がサポートされ、バッテリーには1650mAhのバッテリーが搭載されるとのこと。(Galaxy Sは1500mAh)。

さらに、「Galaxy S」のOSアップデート時期についてもコメントし、4月には準備できるとしています。

「Galaxy S II」の発売時期については明らかにされませんでしたが、ようやく「Galaxy S」のOSアップデート時期が明らかにされました。「Galaxy S」のアップデート提供時期が4月ということを考えると「Galaxy S II」は2011年夏モデルとして発表されそうですね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

インスタグラム

2019/12/08
インスタ、突然表記が英語になるバグ発生。日本語に直すには?

セール

2019/12/07
Kindle、過去最安値でサイバーマンデーに登場

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/07
iPhone 9、“8”と同価格または低価格で発売か

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ
Recommendこんな記事も読まれています