bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

マイクロソフト、サムスン電子に対してAndroidの製造をめぐって数百億規模の特許使用料を請求か。

Android

世界中でヒットしているAndroidスマートフォンの「GALAXY」シリーズの開発を手がけるサムスン電子がマイクロソフトから数百億規模の特許使用料を請求されたと韓国のメディアで報じられています。

HTCも支払いの対象に。

Microsoft が Samsung に Android 端末1台あたり15ドルの特許料を要求 – ななふぉ

マイクロソフトがサムスン電子に要求している特許使用料はAndroidスマートフォンの1台毎に15ドルー日本円で約1200円で、既に他メーカーにも同様の要求が行われおり、HTCはAndroidスマートフォン1台を販売するごとにマイクロソフトに5ドルー日本円で約400円の特許料を支払うことで合意に達したとのこと。

なお、サムスン電子がAndroidスマートフォン1台を販売する毎に約1200円をマイクロソフトに支払う事になった場合、2011年第二四半期分の特許料は約231億円という驚きの金額になるようです。

何故Androidケータイを販売するのにマイクロソフトへ特許料を支払うのか、具体的にどのような特許の使用料なのかは不明ですが、これが本当の場合Androidを開発するメーカーにとって大きな打撃になりそうですね・・・。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/17
4日間限定、Apple IDに入金すると10%分をプレゼントするキャンペーン開始

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も
Recommendこんな記事も読まれています