相次ぐデータ障害の救世主はAndroid 4.0だったりして!?

bio
Yusuke Sakakura

相次ぐデータ障害の救世主はAndroid 4.0だったりして!?

photo by PopCultureGeek.com
ドコモが1月に東京都の一部で起こしたデータ障害の原因はOSやアプリが定期的に送受信するパケット通信にあるとしましたが、Android 4.0がそんな悩みを解決してくれるかもしれません!
情報元:[MWC2012]スマホで発生する制御信号などを可視化、エリクソンが分析ツールを展示 – ニュース:ITpro

MWC 2012でエリクソンのデモによれば、Android 4.0ではAndroid 2.3よりも定期的なパケット通信の発生が少なく、ほとんどユーザーの操作によるパケット通信になっていたとのこと。

情報元のグラフ画像を参照するだけでこれほどまでに違うか!というほど違っています。

定期的なパケット通信の発生が少なくなることでデータ障害の発生が減るだけでなく、端末のバッテリーも持つようになりますね。

これを機会にドコモを筆頭に全キャリアAndroid 4.0搭載端末を増やすか、Android 4.0へのアップデートをガンガンやるようになればいいんだ!

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています