bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

月額または年額制のAndroidアプリの開発・ダウンロードが可能に。

Android
Photo By quinn.anya
GoogleはAndroidアプリを提供する「Google Playストア」にて”1ダウンロード~円”といった売り切りではなく、月額または年額といった一定期間でのアプリの提供が可能になると発表しました。
情報元
In-app Subscriptions in Google Play | Android Developers Blog

2011年3月にGoogleが提供したアプリ内課金は特定の機能を利用するために一定額を支払うというものでしたが、今回はアプリ自体を月額または年額で購入できるというもの。

定額制のアプリの支払い方法は当初はクレジットカードのみとなりますが、今後はドコモやauといった携帯電話会社から請求される毎月の携帯電話利用料に含めて支払うことも可能になります。

また、定額制アプリの開発と提供は日本国内でもすぐに利用可能になります。

これまでもAndroidアプリで定額制のアプリは提供されていましたが、アプリ自体は無料でダウンロードできていざ利用するとなるとログインを求められて実は別に月額のサービスに登録してユーザIDとパスワードを取得する必要があったなんてケースが多々ありました。

各アプリでサポートするのではなく、Google Playストアでサポートされることによりこういった分かり難さが解消されますね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

HUAWEIの噂・最新情報

2019/05/23
P30シリーズ、セキュリティアプデなど影響なし。ファーウェイがコメント発表

iPhoneの噂・最新情報

2019/05/23
iPhone 11か、未発表iPhoneの存在が確認される

NTTドコモ

2019/05/23
ドコモ、「Disney Mobile on docomo」の終了を発表

HUAWEIの噂・最新情報

2019/05/23
ファーウェイに致命傷、ARMが取引停止でチップセットの製造困難に
Recommendこんな記事も読まれています