bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013年2月のMNP利用動向、ドコモは9万の転出超過ー「Xperia Z」でも他キャリアユーザーの大幅獲得ならず

NTTドコモ

先ほどお伝えした通り、NTTドコモは2013年2月の携帯電話およびPHSの純増数にて約14万の純増を記録しましたが、MNPについては9万3200件の転出超過を記録し、今月も主要3キャリアで最も低くなりました。

「Xperia Z」は、iPhoneにはなれず。

2013年2月におけるMNPの利用動向はauが6万2900件で1位、ソフトバンクモバイルが3万1200件で2位、NTTドコモが9万3200件の転出超過となりました。

昨年9月以来の10万切りを記録し状態は一応改善されたとも言えますが、「Xperia Z SO-02E」をもってしても転入超過とすることはできず、既存ユーザーや新規ユーザーに多く買われたものの、iPhoneのように「キャリアを変えてでも購入したいスマートフォン」にはなれなかったというのが現状のようです。

2年以上も続く転出超過を止められるのはiPhoneのみ?

過去6ヶ月におけるNTTドコモのMNP利用動向は以下の通り。
2013年1月−14万4700件
2012年12月−13万2100件
2012年11月−21万2100件
2012年10月−18万9800件
2012年9月−9万5200件
2012年8月−4万3300件

NTTドコモのMNP利用動向は非常に深刻で最後に転入超過を記録したのは2009年1月。つまり、3年以上も転出超過が続いていることになります。

今季モデルのイチオシでも転入超過を記録できなかったNTTドコモ、iPhoneを発売するauとソフトバンクモバイルが好調なことから、iPhoneを発売し他キャリアと同等の価格で提供できれば、少なくともユーザーの囲い込みぐらいはできそうなものですが、ドコモから次世代iPhoneの発売はあるのでしょうか。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPad

2019/03/19
どっちを買う?「iPad mini 2019」の「iPad Air 2019」違いを比較

iPad

2019/03/18
速報:激変した「iPad Air」が発表。10.5インチ、極薄ボディ・Apple Pencilに対応

iPad

2019/03/18
速報:約4年ぶりの新型「iPad mini 」発表。Apple Pencilに対応

Appleニュース

2019/03/18
Apple公式サイトがメンテ中に〜新型iPadやAirPods 2の発売か?
Recommendこんな記事も読まれています