ドコモ版「Xperia Z」は、キャリブレーションとスタミナモードが削られてる!

Yusuke Sakakura

ドコモ版「Xperia Z」は、キャリブレーションとスタミナモードが削られてる!


NTTドコモが2013年春モデルのイチオシとして発表した「Xperia Z」、BCNが発表する携帯電話・スマートフォン販売台数ランキングでは3週連続首位を獲得するなど、イチオシの名にふさわしい人気を誇るモデルとなっています。

ただ、ドコモ版の「Xperia Z」はキャリブレーションとスタミナモードの2機能が削られているとか・・・。

削られた「キャリブレーション」と「スタミナモード」とは

キャリブレーションは、ディスプレイのホワイトバランスや彩度、色合いを変更できる機能で、先日レポートした「STREAM X」には色合いのみ変更できる機能が搭載されていました。


スタミナモードは、サスペンド状態にすると3GやLTE、Wi-Fiといったデータ通信機能をオフにするというもので、利用時の持ち時間は約4倍にもなるとのこと。

「Xperia Z」だけが突出しないように他モデルに配慮した形なのかもしれませんが、どちらも魅力的な機能であり、ドコモ版で利用できないのは残念ですね・・・。

EXPANSYSで発売されているグローバル版の「Xpeira Z」ではもちろん全ての機能を利用することができますよ。
エクスパンシス

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています