bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ版「Xperia Z」は、キャリブレーションとスタミナモードが削られてる!


NTTドコモが2013年春モデルのイチオシとして発表した「Xperia Z」、BCNが発表する携帯電話・スマートフォン販売台数ランキングでは3週連続首位を獲得するなど、イチオシの名にふさわしい人気を誇るモデルとなっています。

ただ、ドコモ版の「Xperia Z」はキャリブレーションとスタミナモードの2機能が削られているとか・・・。
NTTドコモ

削られた「キャリブレーション」と「スタミナモード」とは

キャリブレーションは、ディスプレイのホワイトバランスや彩度、色合いを変更できる機能で、先日レポートした「STREAM X」には色合いのみ変更できる機能が搭載されていました。


スタミナモードは、サスペンド状態にすると3GやLTE、Wi-Fiといったデータ通信機能をオフにするというもので、利用時の持ち時間は約4倍にもなるとのこと。

「Xperia Z」だけが突出しないように他モデルに配慮した形なのかもしれませんが、どちらも魅力的な機能であり、ドコモ版で利用できないのは残念ですね・・・。

EXPANSYSで発売されているグローバル版の「Xpeira Z」ではもちろん全ての機能を利用することができますよ。
エクスパンシス
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています