bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ版「Xperia Z」は、キャリブレーションとスタミナモードが削られてる!

NTTドコモ

NTTドコモが2013年春モデルのイチオシとして発表した「Xperia Z」、BCNが発表する携帯電話・スマートフォン販売台数ランキングでは3週連続首位を獲得するなど、イチオシの名にふさわしい人気を誇るモデルとなっています。

ただ、ドコモ版の「Xperia Z」はキャリブレーションとスタミナモードの2機能が削られているとか・・・。

削られた「キャリブレーション」と「スタミナモード」とは

キャリブレーションは、ディスプレイのホワイトバランスや彩度、色合いを変更できる機能で、先日レポートした「STREAM X」には色合いのみ変更できる機能が搭載されていました。


スタミナモードは、サスペンド状態にすると3GやLTE、Wi-Fiといったデータ通信機能をオフにするというもので、利用時の持ち時間は約4倍にもなるとのこと。

「Xperia Z」だけが突出しないように他モデルに配慮した形なのかもしれませんが、どちらも魅力的な機能であり、ドコモ版で利用できないのは残念ですね・・・。

EXPANSYSで発売されているグローバル版の「Xpeira Z」ではもちろん全ての機能を利用することができますよ。
エクスパンシス

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2019/01/16
「iPhone 11」の新しいレンダー画像が登場。トリプルカメラは中央に配置か

iPhone XR

2019/01/16
Apple、新しいiPhone向けバッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を発売

Twitterニュース

2019/01/16
Twitter、タイムラインを新着順に並べ替えできるボタンをAndroidにも正式公開

ソフトバンク

2019/01/15
“ダブルノッチ”画面の「AQUOS R2 Compact」が1月18日発売。価格は8.2万円
Recommendこんな記事も読まれています