bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

世界最薄ケータイ708SC3月7日に発売。

ニュース
世界最薄ケータイ708SC3月7日に発売。ソフトバンクモバイルは、3月7日に世界最薄を特徴とするサムスン製の「708SC」を発売する。

708SCは、薄さ8.4mmであり、世界最薄の端末となっている。

端末が薄いだけでなく、メインディスプレイは1.9インチの320×240ドットといった日本では珍しい横長の「ランドスケープ液晶」を採用している。


通信規格としては海外でも使用可能な3Gローミングや無線で音楽が楽しめるBluetoothに対応している。
NTTドコモの三菱製の端末である「D703i」が世界最薄を誇っていたがソフトバンクモバイルがサムスン製の708SCを発表したことで世界最薄は708SCとなった。

文章能力には、オフィス文書やPDF対応のドキュメントビューアを搭載、日・英・韓のトライリンガル対応のメニュー表示が可能となっている。

ボディカラーはブラウン、シルバー、ブルーグリーン、ロイヤルブルーの4色をラインアップする。

<関連記事>
708SC、世界最薄ストレート端末

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/23
1つの電話番号を2台で共有できる「ワンナンバーフォン」の発売日は10月26日に

iPhone XR

2018/10/23
Apple幹部、iPhone XR・XSの名前について“特に意味はない”とコメント

iPadの噂・最新情報

2018/10/23
新型iPad Pro、最新の噂をまとめたレンダー画像が登場

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/10/22
iPhoneの通知を一時的に非表示にする「おやすみモード」の使い方
Recommendこんな記事も読まれています