bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPhone 5の販売をたった1年で終了ー販売終了の理由とは?

Appleニュース
Apple、iPhone 5の販売をたった1年で終了−販売終了の理由は?
Appleは9月20日(金)にiPhone 5sとiPhone 5cを発表するわけですが、それにともない販売される機種も整理されます。

これまでは「iPhone 5」「iPhone 4s」「iPhone 4」が販売されていましたが、iPhone 4とiPhone 5は在庫限りで販売終了となり、「iPhone 5s」「iPhone 5c」「iPhone 4s」の3機種が販売されることとなります。

たった1年で販売終了となったケースは初めて

順当に行けば「iPhone 5s」「iPhone 5c」「iPhone 5」が今後販売されるものと思われましたが、iPhone 5の販売をたった1年で終了して「iPhone 4s」をラインナップに据えることとなりました。


これまで販売されてきたiPhoneがたった1年で販売を終了するといった例はなく、一体どのような理由でAppleがiPhone 5の販売を終了させたのかは気になるところです。

現時点でAppleからのコメントはないので自分で少し考えてみましたが、こんなもんでしょうか。

最も影響してると思われるのはiPhone 5cとスペックが同等であることですが、iPhone 5の発売以降もiPhone 4sが売れ続けているという調査結果があることやまだまだ4インチのiPhoneに懸念を示す人も多いことを考えればiPhone 4sの販売を終了させる理由もなかったのでしょうね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/09
「Amazonサイバーマンデー2018」の注目商品まとめ〜12月11日まで開催

セール

2018/12/08
最大3%ポイント還元、Amazonギフト券に5,000円以上チャージで

Kindleセール情報

2018/12/08
プログラミング本も最大70%オフ、Kindleストアでサイバーマンデーセール開催中

Kindleセール情報

2018/12/08
最大70%オフ!Kindleストアでサイバーマンデーセール開催中
Recommendこんな記事も読まれています