bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Nexus 7(2013)のケースを購入する際に気をつけたい4つのこと!


Nexus 7(2013)の3G/LTE対応モデルを購入してから1ヶ月が経とうとしております。

初代Nexus 7はWi-Fiモデルを購入したので外に持ち出す機会がなく、家ではスマートフォンとパソコンで事足りていたのでベットの上以外での利用シーンを見つけるのが難しくホコリをかぶっていましたが、今回は3G/LTE対応のモデルを購入したことで外に持ちだして利用する機会が増え、7インチタブレットの良さを改めて実感しています。

そんなNexus 7(2013)ですが、重要なのがケース。初代 Nexus 7のケースは失敗したこともあって今回は慎重に選んで購入してみました!
スマホのアクセサリ・グッズ

Nexus 7(2013)のケースでチェックするべき項目は3+1!

▼今回、Nexus 7(2013)のケースを購入するにあたって参考にしたのが自分で書いたこのエントリー
Nexus7(ネクサス7)のケースを購入する際に気をつけたいたった3つのこと

上記エントリーに書いた気をつけるべき3箇条を守って購入したのがBrightonの「Leather Stand Case for Nexus 7(2013)」です


スマートスリープ機能付き。


段階調整用の溝もあります!


段階調整用の溝があると、動画を視る時やサブディスプレイとして使う時にとても便利なのです


フタも固定できます!


▼動画のレビューもどうぞ!


3箇条をクリアして安心してたら1個重要なことを忘れていました。Nexus 7(2013)ではワイヤレス充電に対応していますが、ケースによってはサポートしていないものもあり、充電台に載せてもなかなか充電が始まらないなど充電しづらい製品もあるようです。

僕はワイヤレス充電を使わないので、今回購入した「Leather Stand Case for Nexus 7(2013)」でワイヤレス充電ができるかはわかりませんが、公式ページを確認したところサポートしていると明記されていませんでした。

せっかくワイヤレス充電に対応したから使いたいという方はきちんと確認しておきましょう。

ということでNexus 7(2013)のケースを購入する際に気をつけたい項目は以下の4つです

ちなみに、ワイヤレス充電のスタンドは以下の2つが人気のようです。

パナソニックの方は面積が広いため、位置を気にすることなくワイヤレス充電を使うことができますが、Nexus 7(2013)の充電が終わっているにも関わらず充電ランプがつきっぱなしになったり、コイルの動作音が気になるとAmazonで評価されていました。

サンワサプライの方は面積が狭く、横向きでないと充電できないようですが、コイルが動かないため就寝中でも音が気にならないとのことです。

購入した「Leather Stand Case for Nexus 7(2013)」はこちら。ホワイトやブラックなど無難なものからピンクライムグリーンなど明るい色もラインナップされています。

ヨドバシにて3680円で買ったのにAmazonの販売価格は1000円以上安くなってる・・・
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています