bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-01-15 13:17:35
  • トップページ
  • Nexus 7
  • Nexus 7(ネクサス7)のケースを購入する際に気をつけたい3つのこと

  • Nexus 7(ネクサス7)専用のケースを購入するにあたって、色々な商品を参考にしながら購入したものの、失敗してしまいました!

    失敗に学ぶ「Nexus 7」のケースを購入する際に気をつけたい3つのこと、ということで早速紹介したいと思います。

    その1:段階調整の溝は必須!

    僕が購入した「Nexus 7」のケースは以下。

    角度を変えるための溝がついていません。ピンク地の所が滑りにくい素材になっているんだろうなーと思って購入したところ、サラサラな素材でした・・・。


    ディスプレイを立てようにもスベる、スベる!なんとかディスプレイを立てるにはこんな感じで角度を急にするか、最後まで寝かせるしかありません。


    手に持って操作するのであればあまり気にする必要はありませんが、セカンドディスプレイとして利用したり、テーブルに置いて動画を視聴する目的でケースを購入するのであれば、段階調整の溝は必須だと感じました。


    その2:スマートスリープ対応のケースを選ぶべし!

    「Nexus 7」は、ケースを閉じるだけで勝手にスリープ状態になるスマートスリープに対応しています。

    パワーボタンを押すことなく、ケースを閉じるだけでスリープ状態にできるとても便利な機能ですが、「Nexus 7」本体だけでなく、ケースの方もサポートしている必要があります。

    購入する際は是非チェックしておきましょう!

    その3:フタをホールドできるものを選ぶべし!

    フタというのはディスプレイを覆うケース部のこと。僕が勝手に名前付けて呼んでます。


    今回購入したケースは、スマートスリープに対応しているものの、フタをホールドできないため、カバンの中でディスプレイがON/OFFを繰り返し、バッテリーを無駄に消耗してしまいます。保護シートを付けていない場合はディスプレイに傷がついたりもしますね・・・。

    こんな感じでフタをホールドできるものを選びましょう!


    オススメのNexus 7のケースはこれだ!

    以上3つが「Nexus 7」のケースを購入する際に気をつけたいこととなります。上記3つ全てに当てはまるケースを探したところ以下のケースが該当しましたが、実際に使用したわけではないので参考程度にしてください!

    ▼新型Nexus 7(Nexus 7 2013)のケース




    ▼Nexus 7(2013)のケースについてはこちらのエントリーもどうぞ!
    Nexus 7(2013)のケースを購入する際に気をつけたい4つのこと!

    ▼旧型Nexus 7のケース


    【2014/01/15 更新】
    新型Nexus 7のケースを追加しました。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Nexus 7の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー