bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルの取り扱いは現時点で未定

iPad
ドコモ、iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルの取り扱いは現時点で未定
AppleよりiPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルが発表されました。発売日はiPad Airが11月1日、iPad mini Retinaディスプレイモデルが11月中とされており、日本ではソフトバンクモバイルとauから発売されることが明らかにされていますが、ドコモからの発売は現時点で未定のようです。

iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルの注文ページにドコモのロゴなし

iPad AirとiPad Retinaディスプレイモデルは既にApple公式サイトに登場しており、注文はできないものの価格などを確認することが可能になっています。

ただ、ソフトバンクモバイルとauのロゴは確認できるものの、ドコモのロゴを確認することができません。


iPadやiPhoneを取り扱うキャリアのロゴが新製品の発表直後に掲載されないのはいつものことですが、発表から既に7時間ほど経過しています。

また、ケータイWatchがドコモの広報に確認を取ったところ、検討はしているものの現時点でiPadの取り扱いが決まっていないとコメントしたようです。
ドコモ広報では、新型iPadの取扱について「現時点では決まっていない」とコメント。「iPadはタブレットのラインアップとして魅力的。ドコモとして、取り扱いは検討しているが、現状では決まった事実はない。(アップルと交渉中か? という問いに)他社との交渉については差し控えます」としている。少なくとも現時点で、“ドコモ版iPad”は登場しないものと見られる。

引用元:アップル、「iPad Air」とRetina版「iPad mini」を発表 – ケータイ Watch

さらに、SankeiBizなどは、iPadの発表前にドコモが取り扱う場合、来年にずれ込む可能性もあると報じており、ドコモからのiPad発売は他キャリアよりも遅れる可能性が高いようです。

既にiPadの取り扱いを開始しているソフトバンクモバイルとauについては、さきほどiPad Airを11月1日より、iPad mini Retinaディスプレイモデルを11月中に発売することを正式に発表しました。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ

Pixelの噂・最新情報

2018/12/10
Pixel 3 Lite/Pixel 3 XL Liteのレンダー画像登場。両機種ノッチなしに
Recommendこんな記事も読まれています