bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

カラー電子ペーパーを採用した携帯情報端末。

ニュース

カラー電子ペーパーを採用した携帯情報端末。


富士通フロンテックは4月20日にディスプレイにカラー電子ペーパーを採用した携帯情報端末のサンプル販売を開始したと発表した。

カラー電子ペーパーは、電力を使わずに静止画像を半永久的に表示できることが特徴となっている。

厚さはわずか12mm!!

今回、サンプル販売されるのはA4タイプ(12型)とA5タイプ(8型)の2つ。重さはそれぞれ480g、320gとなっている。厚さはそれぞれ12gと薄型となっており、50時間の連続使用が可能。

OSにはWindows CE 5.0を採用、カラー電子ペーパーの解像度は768×1024ピクセルのXGAで8色または4096色のカラー表示に対応している。
また、カラー電子ペーパー部はタッチパネルとなっており、カラー電子ペーパーに触れることで操作が行える。

インターフェースは、IEEE802.11b/gの無線LAN、USB2.0準拠のUSB mini-Bコネクタ、SDメモリーカードスロットを装備している。

価格は1台あたり15万7500円と26万2500円。
なお、販売単位が10台となっているため10台あたりの価格は1台あたりの価格を10倍したもの。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2020/11/29
【最終日】Amazonブラックフライデー2020の注目商品&攻略まとめ

セール

2020/11/28
30%オフ、スマホで家電操作「Nature Remo」がAmazonブラックフライデーに登場

セール

2020/11/28
Amazonブラックフライデー、microSDカードが安い。512GBは過去最安値

ニュース

2020/11/27
総務大臣、携帯料金値下げでKDDI社長に猛反論「どういうサービスを提供すべきか常識でわかると思う」
Recommendこんな記事も読まれています