bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Android Lの正式名称はレモンメレンゲパイ(LMP)に?

Photo By Miriam Ramos
Androidではバージョン番号のほかに、コードネームが割り当てられていることはAndroidに詳しい人であれば多くの人が知っていることかもしれません。

これまでCupcake(1.5)、Donut(1.6)、Eclair(2.1)、FrozenYogurt(2.2)、Gingerbread(2.3)、Honeycomb(3.0)、Ice Cream Sandwich(4.0)、JellyBean(4.1〜4.3)、KitKat(4.4)とお菓子の名前に基づく9つのコードネームが割り当てられていました。

ただ、今年の6月に発表された次期Android OSの名称は「Android L」として発表されており、バージョン番号もコードネームも発表されていません。

Androidファンとしては、どのようなものになるのか気になるところですが、「レモンメレンゲパイ」となるのかもしれません。
Android

現時点でAndroid Lがレモンメレンゲパイと呼ばれていることは確定か

Android Policeによると、Googleが配布しているAndroid SDKの中にAndroid Lのカードビューに関する構成ファイルが含まれており、そのファイルの中身に”lmp-preview-release”という文字が記述されていたとのこと。

この”lmp”の部分がコードネームを表しているのではないかとされており、Androidのソースファイルを管理するAOSPにて「Imp」で検索してみたところ9件がヒットしたとのこと。


これは、変更したソースファイルを確定する際に付与するコメントにて「lmp」が使われていることを示しており、さらにはGoogleの中で「lmp」が日常的に使われていることを示すものになるかと思います。

試しにAndroid 4.4の開発時に使われていたKey Lime Pieの略称である「klp」で検索してみたところ多数ヒットしました。


また、いずれも「lmp-dev」「klp-dev」という記述が見られており、Googleの中では「lmp」という名前が使われているのは間違いないかと思われます。


ただ、Android 4.4では発表の直前までKey Lime Pieという名称が使用されたものの、KitKatとして発表された経緯があるため、発表されるまでは中の人さえも本当の名前を知ることはなく、確定とは言えません。

ちなみに、LMPとレモンメレンゲパイを結びつけるものは何もないようですが、アメリカではLMPといったらレモンメレンゲパイぐらいといった感覚なのでしょうか。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています