bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPad版「Illustrator」、ついに2020年に登場

iPad

Adobe、iPad版「Illustrator」の開発を発表。2020年に提供予定

11月4日、AdobeがiPad版「Illustrator」を2020年にリリース予定であることを明らかにした。

今日リリースされたiPad版のPhotoshopと同様に、PC版で利用できるツール等が利用可能。タブレットならではのタッチ操作等に最適化されたアプリになる。

タッチ、Apple Pencil、カメラに対応

iPad版「Illustrator」はまだ開発の初期段階とのことだが、iPad版「Photoshop」のようにタッチ操作やApple Pencil、カメラに対応。作成したデータはCreative Cloudを介してデバイス間で共有できることが明らかにされている。

また、PC版のIllustratorで利用できるほとんどの機能がiPadでも利用できるようで、現在PCで作成できる多くのデザインをiPadだけで作成できるとしている。ただし、今日公開されたばかりのiPad版「Photoshop」はフルバージョンとアナウンスされながら一部の機能のみを搭載してリリースされたことから2020年にすべての機能が搭載されるかはわからない。

iPad版「Illustrator」の開発発表と共にプライベートベータ版の実施も発表されている。専用ページから申し込みが可能だ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています