Apple、AirPodsのアップデートをリリース〜軽微なバグ修正

bio
Yusuke Sakakura

Apple、AirPodsのアップデートをリリース〜軽微なバグ修正

Appleが、ワイヤレスイヤホン「AirPods」のファームウェア・アップデートをリリースしました。

アップデートを適用するとバージョン3.3.1から3.5.1に変更されます。なお、ファームウェア・アップデートが提供されるのはAirPodsの発売後初となります。

AirPods、ファームウェアのVer3.5.1でマイナーバグを修正

Ver3.5.1のファームウェア・アップデートの変更内容は明らかにされていませんが、米メディア・AppleInsiderがAppleに確認したところ「マイナーなバグの修正」と返答があったとしています。

AirPodsには発売からこれまでにバッテリーを過剰消費する問題や通話中に接続が切断される不具合などが確認されていますが、これらが解消された可能性があります。

AirPodsのファームウェア・アップデートは、イヤホンが充電ケースに収納され、ペアリングされたiPhoneがWi-Fiに接続されている状態で、AirPodsとiPhoneが近くにあると自動でアップデートが適用されるようです。

ファームウェア・アップデートのバージョンを確認するには、AirPodsがiPhoneに接続されている状態で設定から「一般」→「情報」→「AirPods」に進みます。

Apple、AirPodsにVer3.5.1のアップデートをリリース〜軽微な修正のみ Apple、AirPodsにVer3.5.1のアップデートをリリース〜軽微な修正のみ Apple、AirPodsにVer3.5.1のアップデートをリリース〜軽微な修正のみ

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています