bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「AirPods」の使い方まとめ〜名前変更など設定も

AirPods

「AirPods」の使い方まとめ〜名前変更など設定も

Appleのフルワイヤレスイヤホン「AirPods(エアーポッズ)」には、声でSiriを起動できる「Hey Siri」、ダブルタップでのSiri起動、耳への着脱を自動検出して音の再生/一時停止、AirPodsをハンズフリーマイクとして利用するなど様々な機能が搭載されています。

これらAirPodsの機能は自分が使いやすいようにカスタマイズできます。この記事ではAirPodsの各種機能の設定を変更する方法やAirPodsの名前を変更する方法を紹介します。

目次

ダブルタップの割当を変更する

AirPodsを耳に付けたままスピーカーの部分をダブルタップすると、特定のアクションを呼び出すことができます。

買ったばかりのAirPodsではSiriに設定されていて、iPhoneをポケットから取り出したり、手に持たなくてもハンズフリーでSiriを使って音量調整や指定の曲やアーティストの曲を再生したり、次の曲に進んだり、前の曲に戻るといった音楽の操作、天気の確認、電話をかけたり、ナビを頼むこともできます。

音声操作が苦手でSiriを使わない場合は他のアクションに変更することも可能。変更できるアクションは「Siri」「再生/一時停止」「次のトラック」「前のトラック」「オフ」の3種類です。

「AirPods」の使い方まとめ - ダブルタップの割当を変更する

自動耳検出をオン/オフする

AirPodsは「自動耳検出」によってイヤホンを耳に付けているか、耳から外しているかを検出できます。AirPodsを耳から外すと音楽が一時停止し、もういちど耳につけると自動で再生が再開されるため、職場で話しかけられたりやレジで会計する時に便利な機能です。

特にポッドキャストやラジオを聴いている時は再生位置を戻す手間がありましたが、AirPodsでは必要ありません。

「自動耳検出」はAirPodsの特徴的な機能のひとつですが、従来のイヤホンと同じように使いたい場合は「自動耳検出」をオフにすることもできます。

「AirPods」の使い方まとめ - 自動耳検出をオン/オフする

マイクを固定する

AirPodsには左右両方のイヤホンにマイクが付いています。AirPodsは耳に装着されているイヤホンを検出できるため、片耳だけに装着している時も音声通話やSiriでマイクが使えます。

初期状態では利用できるマイクを自動で検出しますが、左右どちらかに固定することも可能です。

「AirPods」の使い方まとめ - マイクを固定する

AirPodsの名前を変更する

AirPodsの名前はiPhone/iPad/Macなどデバイスに設定された名前が使用されます。既にAirPodsをペアリングしている場合は“AirPods #2”に設定されます。

AirPodsの名前は以下の手順で変更することができます。

「AirPods」の使い方まとめ - AirPodsの名前を変更する

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2019/06/15
DAZN、2ヶ月無料のキャンペーン開始。コパ・アメリカ全試合独占配信

ソフトバンク

2019/06/15
ソフトバンク、「Pixel 3」を最大5.5万円の大幅値下げ

Apple Music

2019/06/15
安室奈美恵の楽曲がサブスク解禁。Apple Musicで全曲独占配信

Pixelの噂・最新情報

2019/06/15
Pixel 4、発売前に実機が目撃される。巨大ベゼル採用か
Recommendこんな記事も読まれています