bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

AirPods Studio、左右向きを気にせず装着可能に?

AirPods

AirPods Studio、左右向きを気にせず装着可能に?

Credit: THEAPPLEPOST

Appleが開発中と噂されている純正オーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Studio」

今年発売が予想される注目のヘッドフォンに関する詳細な仕様や機能を複数の情報筋から得た話として9to5Macが伝えている。

アクティブノイズキャンセリングやカスタムイコライザも

AirPodsシリーズの特徴的な機能はイヤホンの装着/脱着の自動検知だ。イヤホンを耳から外すと自動で音楽がストップし、耳に入れると自動で再生される。音楽を楽しんでいるときに話しかけられたり、レジで会計するときに非常に便利な機能だが、「AirPods Studio」には同じではないものの似たような機能が搭載されるという。

「AirPods Studio」には、耳に対する装着を検知するのではなく、ヘッドフォンが頭や耳に装着されているかを検知するセンサーを搭載するそうだ。これによりヘッドフォンを首にかけると自動で音楽がストップし、頭に装着すると自動で再生される。

新しいセンサーはもう1つあるそうだ。ヘッドフォンはシンメトリー(左右対称)のデザインながら左右の向きが固定されているため、左右間違って装着する問題が発生しがちだが、新しいセンサーを搭載した「AirPods Studio」は左右の向きを自動検知してチャンネルを入れ替えることで左右向きを気にせず音楽を楽しむことができる。数年前にAppleがこの技術の特許を取得していたことが大々的に報じられていた。

「AirPods Pro」で高く評価されている人気の機能も搭載される。外部の音を遮断または打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」と外部の音を取り込む「外部音取り込みモード」だ。

「AirPods Pro」ではスティック部分を軽く握ることでこれらの機能をオン/オフできるが、タッチ操作が可能な「AirPods Studio」でも同様に操作できる可能性が高い。

音質面ではiPhoneやiPad、Macとペアリングすることでカスタムイコライザが開放され、低・中・高音域の調整が可能になると伝えている。

これまでの噂によれば「AirPods Studio」は交換可能なイヤーパッドとヘッドバンドのパッドを採用するという。レザーライクなファブリック素材とフィットネスに特化した軽量かつ通気性のある素材の2種類が用意されるそうだ。最近になって販売価格は349ドルと報じられている。

Apple初のオーバーイヤーヘッドフォンもAirPodsのようにヒットの予感がする。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2020/10/25
au、オンラインでiPhone 12/Proを最大2万円引き。負担金3.3万円から

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2020/10/24
iPhone 12を買ったら設定しておきたいこと15のこと

iPhone 12

2020/10/23
iPhone 12、格安SIM/MVNOで使える?使えない?動作確認まとめ

スマホアプリ

2020/10/23
YouTube Music、iOS 14のウィジェットに対応
Recommendこんな記事も読まれています