解消:Androidでアプリが起動できない不具合発生。WebViewが原因

Android

AndroidでLINEなどアプリが起動できない不具合発生。WebViewが原因か

3月23日、AndroidデバイスでLINEなどのアプリが開けない、起動できない不具合が多数報告されている。

不具合が発生すると「LINEは応答していません」との警告が表示され、アプリを閉じるまたは待機、フィードバックを送信といった選択肢が表示される。

日本だけではなく世界各地のAndroidユーザーから報告の声が上がっていた。

WebViewとChromeのアップデートで解消

アプリが起動できない不具合を解消するにはGoogle PlayストアからWebViewとChromeを最新版にアップデートする必要がある。詳細な手順は以下のとおり。

操作手順
  • 1. Google Playストアを起動する
  • 2. WebView/Chromeを検索する
  • 3. 検索結果からWebView/Chromeを選択する
  • 4. 「更新」をタップする
Google Playストアを起動するWebViewを検索する検索結果からWebViewを選択する

なお、Google Playストアからアンインストールできない場合はAndroidの設定画面から「アプリと通知」に進み、「すべてのアプリ」を選択して「Android System WebView」または「AndroidシステムのWebView」をタップ。画面右上の「…」をタップして「アンインストール」を選択する。それもない場合はGoogle PlayストアからGoogle Chromeを一時的にアンインストールすることで対処できるようだ。

Googleによると、アプリが起動できなくなる原因はWebViewの不具合とのことで、WebView(ブラウザ関連のコンポーネント)を使用しているアプリで不具合が発生している。Googleは問題の解消に取り掛かっており、近いうちに解消されるはずなので、Google Playストアで修正版のWebViewアップデートをこまめにチェックしましょう。

UPDATE:2021/03/23 16:37Googleが不具合を解消した最新版のWebViewとChromeを公開したことを明かした。Google Playから最新版にアップデートすることで不具合が解消される。アンインストールした場合も最新版にアップデートしておこう。END OF UPDATE

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/19
iPhone 13、5Gミリ波モデルが日本で発売か

UQ mobile

2021/04/19
UQモバイル、iPhone 11の価格は4.9万円から

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?
Recommendこんな記事も読まれています