bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

最大70%減、Android版「Chrome」のデータ通信量 圧縮機能がアップデート

Googleニュース

最大70%減、Android版「Chrome」のデータ通信量 圧縮機能がアップデート

Photo by Kārlis Dambrāns

グーグルは、ウェブブラウザ「Chrome」で提供している「データサーバー」機能をアップデートし、ページのデータ量を最大70%まで圧縮可能になったことを発表しました。

最大70%の圧縮を実現した「データサーバー」機能

グーグルの発表によると、通信速度が低い時にウェブサイトに含まれるほとんどの画像を削除することで最大70%の圧縮を実現。サイトの読み込みが完了したあとは、画像をタップすることで個別に表示したり、すべての画像を表示することも可能とのこと。

最大70%減、Android版「Chrome」のデータ通信量 節約機能がアップデート
画像が削除されたページを読み込んだあとにすべての画像を表示するデモ

「データサーバー」のアップデートは、Android版の「Chrome」のみに提供されています。また、現在はインドとインドネシアでのみ利用することができ、今後、数ヶ月で他の国にも提供されるとのこと。

LTEの全国展開が始まったばかりで、いまだに一部地域で2Gが利用されているインドに先行提供されたことやiOSへの提供予定を明らかにしていないことを考えると、新興国向けに優先提供され、日本で利用できるのはまだ先となりそうです。

データサーバーとは

Chromeの「データサーバー」機能は、iOSとAndroid向けに提供されている圧縮機能。設定画面にて有効にすると、グーグルのサーバーを経由し、データ容量を圧縮することで読み込み時間が短くなり、データ通信量が節約されるというもの。また、フィッシングサイトを検知する機能も備えています。

Chrome - Google のウェブブラウザ

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2020/11/25
iPhone版LINEでフォント変更が可能に〜変更方法を解説

HomePod

2020/11/25
「HomePod」で家電を操作する方法

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応
Recommendこんな記事も読まれています