当メディアではアフィリエイト広告を使用しています

AndroidのeSIM転送/移行ツールが異なるメーカー間でも利用可能に

bio
Yusuke Sakakura公開日:2024/01/27 9:12
AndroidのeSIM転送/移行ツールが異なるメーカー間でも利用可能に

スマホ1台と本人確認書類があれば、携帯回線を契約できるeSIMはとても便利ですが、eSIMを他の機種に移行しようとすると、途端に面倒なことになります。

SIMカードなら専用のピンかクリップを伸ばしたものを穴に入れるだけですが、eSIMは契約しているサービスのウェブサイトにアクセスして、メールアドレスとパスワードを入力してログインし、どこにあるかわからないeSIMの移行手続きページを探して…と、とても複雑で時間もかかります。

そこでGoogleやSamusungはeSIMの移行/転送ツールを用意していますが、残念ながら異なるメーカー間では動作しません。ただ、最新のレポートによれば、異なるメーカー間でも利用できるようです。

セットアップ時しか利用できない

Android PoliceがGalaxy S24 Ultraをセットアップしていると、近くに置いていたLG V60 ThinQにポップアップが表示され、QRコードをスキャンしてeSIMを移行/転送するオプションが提案されたとの読者からの報告を伝えています。

SamsungはOne UI 5.1でeSIM転送ツールを追加したものの、利用できるのはGalaxyデバイス間のみでした。ところが現在はGalaxyデバイス以外ともeSIMを移行/転送できるようです。

また、Mishaal RahmanはPixel 8 ProからGalaxy S24 Ultraに移行すること、そしてその逆も可能であることを報告しています。

GoogleもAndroid 14でeSIM転送ツールを追加しており、筆者もPixel 8 Proのセットアップ時にPixel 7 Proで利用していたpovo2.0のeSIMを転送するかどうかを聞かれました。

GoogleがeSIM転送ツールについて仕様を明かしていないため、詳しいことはわからないものの、このツールはGoogle Pixel間だけで機能すると見られていましたが、その枠が取っ払われたことでこれからはAndroidデバイス間でeSIMを移行/転送できるようです。

Androidデバイス間で動作するeSIMの移行/転送ツールがどのように提供されるのかはわかりません。OSアップデートが必要なのか、Google Play開発者サービスのアップデートだけでいいのか、近いうちにGoogleから案内があるでしょう。

なお、eSIMの移行/転送ツールは対応キャリアでしか動作しません。海外のキャリアではT-Mobileが対応しているようです。筆者がPixel 8 Proのセットアップ時に体験したpovo2.0のeSIMも対応しているかもしれません。

いずれにしてもこの機能はセットアップ時にしか動作しないため、普通の人なら利用するのは2〜3年に1回ほどです。個人的にはiPhoneのようにセットアップだけでなく、いつでも利用できるようにして欲しいところ。iPhoneとAndroid間のeSIM転送にも対応すれば完璧です。

Galaxy S24 Ultra
Galaxy S24 Ultra$ 1,299.99Galaxyスマートフォン初の頑丈なチタニウムフレームを採用。40%以上も明るくなった約6.8インチのフラットディスプレイ、4つの画角で光学/光学相当のズーム撮影が楽しめるクアッドテレシステムのカメラ、最新チップのSnapdragon 8 Gen 3 for Galaxy、1.9倍も大きくなったベイパーチャンバー、5000mAhの大容量バッテリーを搭載した究極のGalaxy Ultraです。レビュー記事/比較記事を読む
コメント
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

質問する際は画面にどういったメッセージが表示されているのか、利用機種・OSのバージョンも書いてください。

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

攻撃的・侮辱的・過激・不快な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

VPNを使った書き込みおよび連投は承認されません。

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています