Android Payが日本でサービス開始〜まずは楽天Edyから

bio
Yusuke Sakakura

Android Payが日本でサービス開始〜まずは楽天Edyから

グーグルのモバイル電子決済サービス「Android Pay(アンドロイドペイ)」が本日から日本でもサービス開始となりました。

Android Payが日本でスタート

グーグルは、本日12月13日の朝にAndroid Payの日本語ページを公開。Android Payが利用できる店舗などを案内するなど、サービス開始を案内しています。

Android Payは、スマートフォン用の電子財布(デジタルウォレット)で、ポイントプログラムや電子マネーをAndroid Payアプリに追加することで、ポイントと支払いをまとめることができます。

使い方はカンタンで、おサイフケータイに対応したAndroid 4.4 KitKat以降のOSを搭載するスマートフォンにAndroid Payアプリをインストール。電子マネーをAndroid Payに追加すると、クレジットカードまたはデビットカードを使ってアプリ上からチャージができます。あとは支払時に利用したい電子マネーを伝えてスマートフォンをかざすだけです。

Android Payが日本でサービス開始〜まずは楽天Edyから

Android Payの対応電子マネーは「楽天Edy」から

Android Payが利用できる目印としてAndroid PayまたはAndroid Payに対応するロゴが対応店舗に掲載されるようです。

現在、Android Payに対応しているのは「楽天Edy」のみで、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、マクドナルド、ファミリーマート、ローソン、サンクス、ミニストップといった店舗で利用できます。

Android Payが日本でサービス開始〜まずは楽天Edyから

本日から1月31日までサービス開始を記念して、楽天EdyをAndroid Payアプリから発行して設定を行うと、400円分の電子マネーがプレゼントされるキャンペーンが開催されています。

Android Pay

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています