2in1のバッテリー&USB急速充電器「Anker PowerCore Fusion 10000」が発売中止に

スマホのアクセサリ・グッズ

2in1のバッテリー&USB急速充電器「Anker PowerCore Fusion 10000」が発売中止に

アンカー・ジャパンが、2019年第1四半期に発売予定としていた「Anker PowerCore Fusion 10000」の発売を中止した。

2019年第1四半期に発売予定から一転中止に

「Anker PowerCore Fusion 10000」は、2017年夏に発売されたAnker PowerCore Fusion 5000の後継モデル。モバイルバッテリーながらコンセントプラグを搭載することで、モバイルバッテリーとUSB急速充電器を別々で持ち歩く必要がなく、旅行や出張で大活躍する2-in-1の製品だ。

新型モデルは、バッテリーが2倍の10,000mAhに増量されたことでiPhone XSなら約3回、その他のスマートフォンなら2回以上のフル充電が可能に。充電ポートはあらゆるデバイスを充電できる汎用性の高いUSB-Aに加え、最大15W出力のUSB-Cポートを搭載することでiPad ProやAndroid、MacBookなどのUSB-C搭載デバイスをダイレクトで充電することが可能とされていた。

モバイルバッテリーとUSB急速充電器を別々で持ち歩くよりもはるかに携帯性が良く、旅行や出張で活躍する製品。販売開始を待ち望んでいた人も多いはずだが、残念ながら中止となってしまった。

アンカー・ジャパン広報部に発売中止の理由を問い合わせ中。返答があり次第追加する。

UPDATE:2019/04/26 13:03発売中止の理由は公表していないとのこと。END OF UPDATE

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2021/03/09
楽天モバイルが300万契約突破。1年間無料キャンペーンは4月7日まで受付

アンケート・調査結果

2021/03/09
携帯シェア、格安SIMが初の減少。楽天モバイルが急成長

Android

2021/03/09
Android 11、米国でのシェアは20%以上。日本はわずか6%

iOS 14

2021/03/09
iOS 14.4.1が配信開始。メモリ破損の脆弱性を修正
Recommendこんな記事も読まれています