2020年アプリランキング、「鬼滅の刃」効果でマンガアプリ好調

bio
Yusuke Sakakura

2020年アプリランキング、「鬼滅の刃」効果でマンガアプリ好調

アプリの市場データを提供するApp Annie Japanが2020年のアプリランキングを発表した。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大によってライフスタイルが大きく変わる1年となり、リモートワークの加速やスマホによる余暇時間の消費増加などモバイルファーストが促進されたという。

アプリ市場にも大きな影響を与えており、アプリの総ダウンロード数はiOSとGoogle Playを合計して世界全体で1,300億を突破する見込み。既に成熟している市場でありながら新型コロナウイルスの影響もあってダウンロード数は前年比10%増を記録した。

また、アプリストアでの消費支出も過去最高の1,120億ドルに到達。前年比25%増の大幅な成長になったようだ。

「鬼滅の刃」効果でマンガアプリが好調

日本トップアプリ 2020

ゲームアプリを除くアプリランキングにも新型コロナウイルス感染拡大の影響が出ている。

ダウンロード数では新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」が1位に。感染者との濃厚接触の可能性を検出できる技術の共同取り組みでAppleとGoogleが協力したことでも大きな注目を集めた。

リリース当初は普及に疑問の声もあったが、わずか半年でダウンロード数は2,137万件に到達するなどLINEやパズドラ、モンスターストライクといった人気アプリを遥かに凌ぐペースでダウンロードされている。

2位はビデオ会議アプリの「ZOOM」がランクイン。リモートワークの急増に伴い全世界で注目を集めてダウンロード数は前年から364位アップの急上昇を記録。なお、外出自粛でテイクアウトやフードデリバリーの需要が増加したことで「Uber Eats」も40位上昇してダウンロード数は9位となった。

消費支出(収益)ランキングはマンガアプリが席巻。昨年と同じ1位の「LINEマンガ」や2位の「ピッコマ」、9位の「マンガBANG!」がランクイン。App Annieは社会現象となった「鬼滅の刃」が読めることや巣ごもり需要に合わせた無料開放などのキャンペーンが好調の要因としている。マンガアプリに加えてライブ配信アプリも順調に収益を伸ばしたようだ。

トレンドはカジュアルゲーム

日本トップゲーム 2020

ゲームアプリのランキングでは、6位の「全部押そう」や7位の「Brain Out」がランクインするなど、簡単な操作で説明不要で楽しめるカジュアルゲームが台頭。新作タイトルでは「ドラゴンクエストタクト」、「Brain Out」、「ディズニー ツイステッドワンダーランド」がトップ10に入った。

また、Nintendo Switchで発売されて大ヒットした「あつまれ どうぶつの森」の影響か、どうぶつの森シリーズのスマートフォン向けタイトル「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が77位のランクアップでダウンロード数2位にランクイン。

不要不急の外出自粛が求められるなかで自粛中でも楽しめるように仕様を変更した「ポケモンGO」は収益ランキングで7位、アクティブユーザー数で3位にランクインするなど好調をキープ。同じく「ドラゴンクエストウォーク」も収益ランキングで11位アップの7位に入った。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています