新形状のApple Watch Pro、これまで買ったすべてのバンドが利用できない噂

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/08/30 0:38

新形状のApple Watch Pro、これまで買ったすべてのバンドが利用できない噂

Appleは来週8日木曜日に開催するスペシャルイベント『Far Out.』で、新デザインで高い耐久性が特徴の「Apple Watch Pro」を発表する見込みです。

これまでApple Watchが訴求できなかったタフなモデルとしてラインナップに加わり、CASIOのG-SHOCKやGarminのInstinct 2のライバルになることが予想されます。

現在使用中のApple Watchからの買い替えを検討している人もいるでしょう。ただ、その代償としてこれまで購入してきたすべてのバンドが使えなくなるかもしれません。

Apple Watch Pro用のバンドを用意している?

昨年、いち早くApple Watch Series 7が41mmと45mmの新しい2種類のサイズで登場すると報じていたUncle Panによると、Apple Watch Proは47mmまたは48mmのケースサイズで登場するとのこと。

また、現行のApple Watchよりも四角い形状に変化することからバンドのストラップ幅を広げる必要があるため、現行のバンドは使えなくなると報じています。

2015年にApple Watchが発売されてから複数回のサイズアップが行われてきましたが、すべてのモデルですべてのバンドを使用することができました。バンドの互換性が失われれば初めてのことです。

これまでの噂によれば、Apple Watch Proは高い耐久性を備えた文字どおりプロアスリート向けのモデルになるとのこと。MacRumorsが指摘するとおり、バンドもApple Watch Pro用の、、、例えば厚みのある耐久性の高いものが出てきても不思議ではありませんが、そうなるとバンドの互換性を保つのが難しいのでしょうか。

なお、Apple Watch Proについていち早く報じたMark Gurmanは、互換性は保たれるものの、フィットしないように見えるかもしれないとツイートしています。

大画面で大容量のバッテリーを搭載することで電池持ちを改善するApple Watch Proだけでなく、8日のイベントでは、体温センサーを搭載したApple Watch Series 8や新しいチップセットで性能が向上する安価なApple Watch SE(第2世代)も発表される見込みです。

新しいApple Watchラインナップの情報については以下の記事でまとめています。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています