速報:Apple、WWDC2020を6月22日に開催決定

Appleニュース

Apple、WWDC2020を6月22日に開催決定

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でGoogleやMicrosoftがイベントを中止するなか、Appleが現地時間6月22日に「WWDC20」を開催することを発表した。

今年31年目を迎えるWWDCは開発者向けのイベントで今年秋に正式配信されるiOS/iPadOS 14やmacOS、watchOS、tvOSなど最新のソフトウェアが先行発表される。

学生向けのチャレンジイベントを開催

例年、WWDCはカリフォルニア州サンノゼで開催されていたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて初めてのオンライン限定イベントとして開催される。参加費は無料。

WWDC20の詳細は開催日が近づくにつれて徐々に公開されるが、学生向けの「Swift Student Challenge」の開催が発表された。同チャレンジはコーディングの腕前をSwift Playground作品を通じて披露できる場で、今日から日本時間5月18日15時59分まで作品を募集し、優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットが進呈される。

基調講演や各プラットフォームの指針を示すPlatforms State of the Union、セッションおよびラボのスケジュールなどは、6月に入ってからApple Developerアプリケーションを通じてお知らせするとのこと。

WWDC20では学生向けのチャレンジやソフトウェアだけでなくApple純正のオーバーイヤーヘッドフォンやUWBを搭載した紛失防止タグのAirTag(s)またはApple Tagの発表も噂されている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2021/01/23
噂:5G対応MacBookが登場するのはまだ先の話

Apple Pay

2021/01/22
LINE Pay、Apple Pay支払いで半額還元。上限2,000円相当

Apple Watch

2021/01/22
ついに!Apple Watchの心電図アプリが日本登場。近日公開

お役立ちコンテンツ

2021/01/21
スタバWi-Fiにつながらない時の対処方法や使い方
Recommendこんな記事も読まれています