新型コロナでGoogle I/Oが完全中止に。WWDCへの影響は?

Googleニュース

新型コロナでGoogle I/O 2020が完全中止に。WWDCへの影響は?

5月12日から開催予定だった開発者向けのイベント「Google I/O 2020」を完全に中止にすることを発表した。

Googleは今月4日に現地開催を中止にすること、代替となる開催方法を検討するとしていたが叶わなかった。

ベイエリアの自宅待機要請が原因か

Google I/O 2020を完全に中止するにあたってGoogleは公式サイトにて「開発者、従業員、地域社会の健康と安全面に対する懸念から、そしてベイエリアが要請した自宅待機によって、残念ながらI/Oの開催を断念する。」との声明を発表した。

Googleはオンラインでの開催を検討していたはずだが、自宅待機要請によって準備さえままならなくなり、完全中止になった可能性が高い。

ベイエリアの自宅待機要請はAppleにも影響を与えるはずだ。6月にオンラインで開催することを発表したWWDC 2020はどうなるだろうか。

デベロッパーのSteve Troughton-Smithは「オンライン限定のWWDCの成功は不可能に近い。従業員が自宅で開発者向けのセッションをレコーディングするの?誰が撮影して誰が配給するの?」とツイート。確かにそのとおりだ。

登壇者全員がカメラシステムを使用して、カメラをスイッチングさせるなどの代替方法があるとの反対意見に対しては「誰もがレコーディングスタジオを持っているわけではない。家族はどこにも行けないので録音中は他の場所に行くことをお願いすることもできない」と反論。

BloombergのMark Gurmanは「幹部はApple Parkにて、無観客状態で基調講演ができる。開発者向けのセッションは自宅から画面共有を使ってプレゼンできる。また、WWDCまでには3ヶ月残されている可能性(Appleはまだ開催日時を発表していない)がある、事態の正常化も期待(祈り?)できる」と参戦。

いずれにしても現地で準備ができず、社員を集めることもできないとなれば、例年のWWDCをオンラインでそのまま配信するといった方法は難しそうだ。

なお、Googleは開発者ブログやコミュニティフォーラムを通じてプラットフォームのアップデート情報をシェアする方法を模索していくとしている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2021/03/02
Google Pixelに新機能追加。水中カメラや録音データの自動バックアップなど

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
iPhone 13、全モデルにLightning搭載か。バッテリー容量増で電池持ち改善も

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
折りたたみiPhone、画面サイズは最大8インチ?発売時期は早くても2023年か

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
iPhone 14は新デザイン導入か。ノッチ廃止→パンチホール採用?
Recommendこんな記事も読まれています