アシックス、フィットネスアプリ「Runkeeper」を買収

Yusuke Sakakura

アシックス、フィットネスアプリ「Runkeeper」の運営会社を買収

アシックスが、iOS/Android向けのフィットネスアプリ「Runkeeper(ランキーパー)」を開発・提供するFitnessKeeper社の全株式を取得して子会社化することを発表しました。

3,000万人超のユーザーを抱える人気フィットネスアプリ「Runkeeper」の運営会社を買収

アシックスは買収について、健康志向の高まりと、スマートフォン市場の世界的な成長、ウェアラブル技術の進歩によってフィットネスアプリ市場のさらなる拡大が見込まれることをあげています。

今後については、「デジタル技術を駆使した最先端のサービスの提供」を行っていくとのこと。なお、買収額については明らかにされていません。

アシックスが開発するフィットネスアプリ「MY ASICS」も

「Runkeeper(ランキーパー)」は、2008年に発表されたスマートフォン向けのフィットネスアプリで、スマートフォンに内蔵されているGPSを使って現在地情報を使ってランニング・ウォーキング・サイクリングなどの運動量を記録することが可能です。

アシックス、フィットネスアプリ「Runkeeper」の運営会社を買収 アシックス、フィットネスアプリ「Runkeeper」の運営会社を買収 アシックス、フィットネスアプリ「Runkeeper」の運営会社を買収

Androidのスマートウォッチ「Android Wear」や、昨年アップルから発売されたスマートウォッチ「Apple Watch」にも対応しており、現在は全世界で3,300万人超のユーザーを抱える人気のフィットネスアプリとなっています。

なお、2年前にダウンロード数1億回を突破、7,000万人のユーザーが利用する最大手のフィットネスアプリ「Runtastic(ランタスティック)」は、昨年8月にドイツのアディダスが買収をしました。アシックスの買収はこれに次ぐものになります。

2020年に東京オリンピックを控えるなか、日本のスポーツ用品メーカーとしてはフィットネスアプリが欲しかったということでしょうか。

アシックス、フィットネスアプリ「Runkeeper」の運営会社を買収

アシックスのフィットネスアプリ「MY ASICS」

アシックス自身もフィットネスアプリ「MY ASICS」を開発していますが、「Runkeeper」ほどの知名度はなく。Google Playストアだけでもダウンロード数は1/100以下になっています。買収後、両アプリをどのように運営していくのかも気になるところです。

Runkeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています