au、プラン変更と同じ手続きでUQにのりかえ可能に。SIMカード交換は必要

au

au、プラン変更と同じ手続きでブランドのりかえ可能に。SIMカード交換は必要

KDDIが来年2月以降、auとUQ mobile間ののりかえにかかる手数料を見直すことを発表した。一足先に0円でブランドのりかえが可能になると発表したソフトバンクを追従した形。

これに加えて、のりかえに必要な手続きもプラン変更と同様のシンプルな手順に変更することが発表された。変更時期は2021年夏以降。

武田総務大臣の反応に注目

現在、au⇔UQ mobileでのりかえる際には最大9,500円の契約解除料と3,000円の番号移行手数料、移行先で3,000円の新規事務手数料またはSIMパッケージ料金を合計した最大15,500円が必要になる。

携帯各社に料金値下げを強く要求する武田総務大臣は、のりかえ時にかかる手数料の大部分を占める契約解除料が昨年規制されたものの法改正後の新規契約者のみ適用されることを理由に「ある意味まやかし」と発言し、「それ以前に契約した人にはなんの特典もないんですよ?そんなのってありえますか?それをどこの会社も言わないじゃないですか。本当の実態を隠して表の綺麗事ばっかりで国民を欺いているじゃないですか。」と痛烈に批判していた。

ちなみに、auは2年契約に加入している場合、プラン変更時に2年契約Nへの変更が可能で、この際に中途解約金や手数料はかからない。ソフトバンクは旧料金プランから違約金1,000円の新料金プランに変更する場合、更新月以外でも中途解約金はかからないため、それ以前に契約した人に“なんの特典もない”わけではない。

批判を受けて2021年2月以降に実施される手数料の見直しでは、ブランドのりかえ時にかかる契約解除料や番号移行手数料、新規事務手数料またはSIMパッケージ料金を店舗・ウェブともに無料にする。当面は一度請求して翌月以降の移行先の料金から割引するという。

現在21年2月以降
契約解除料最大9,500円0円
番号移行手数料3,000円0円
契約事務手数料
SIMパッケージ料金
3,000円0円

さらに、2021年夏以降にはブランドのりかえ時に必要な手続きを料金プラン変更と同様のシンプルな手続きに変更される。なお、KDDI広報部によるとシンプル化以降もSIMカードの交換が必要になり、キャリアメールは利用できないとのこと。あくまでも手続きのみが簡素化される。

現在21年夏以降
のりかえ申込み必要必要
MNP予約番号発行必要不要
移行先の契約手続き必要不要
SIMロック解除手続き不要不要

ドコモの新料金プラン「ahamo」対抗に注目が集まっているが、今回の変更によって5G対応有無などのサービス内容や店舗でのサポート、料金を除けば横並びになる。武田総務大臣はメインブランドでなければ意味がないとしながらも、ahamoとサブブランドで提供される新料金プランの違いについてのりかえ時にかかる手数料と手間(手続き)と発言していた。

手数料見直しと手続きの簡素化を受けてどういった反応を示すのか注目される。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2021/01/24
Android 12、背面タップでスクショ可能に?

Appleニュース

2021/01/23
噂:5G対応MacBookが登場するのはまだ先の話

Apple Pay

2021/01/22
LINE Pay、Apple Pay支払いで半額還元。上限2,000円相当

Apple Watch

2021/01/22
ついに!Apple Watchの心電図アプリが日本登場。近日公開
Recommendこんな記事も読まれています