bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

キャッシュレス、利用率トップはダントツでクレカ。QRコード決済は3位に

アンケート・調査結果

キャッシュレスの利用率トップはクレカ。QRコード決済は3位に

MMD研究所とVisaが共同で実施した「2020年キャッシュレス・消費者還元 事業における利用者実態調査」の結果が発表された。

調査結果によると、最も利用するキャッシュレス決済はクレジットカードで、PayPayなどスマートフォンで利用できるQRコード決済は3位となっている。

キャッシュレス化に対する期待は5割超

調査は20歳から69歳の男女50,000人を対象にして2019年12月にインターネットで実施された。調査によってキャッシュレス決済の利用実態、キャッシュレス・消費者還元事業の影響、キャッシュレス社会に消費者が求めるものなどが明らかになったとのこと。

調査結果によると、昨年10月からスタートしたキャッシュレス決済で最大5%の還元が受けられる「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、約4割が「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」と回答。一方で「キャッシュレス決済を新たに使い始めた」と答えたのは3.1%に留まったようだ。

「キャッシュレス・消費者還元事業」でキャッシュレス決済での支払いに変 化があったか?

なお、支払い方法の種類に変化については、現金やSuicaなどカード型電子マネー、プリペイドカード、デビットカードが減少した一方で、QRコード決済とおサイフケータイなどスマホ非接触決済が増加している。なかでもQRコード決済は10%も増加している。

消費者還元事業が始まる前(10月1日以前)の決済利用消費者還元事業が始まった後(10月1日以降)の決済利用

最も利用しているキャッシュレス決済では、クレジットカードが52.0%で他を大きく引き離してトップ。2位は19.2%のカード型電子マネー、3位は18.2%のQRコード決済となった。スマホ非接触決済やデビットカード、プリペイドカードは10%未満に留まっている。

最も利用している「キャッシュレス決済」は?

10月以降キャッシュレス決済を利用が増えた場所はコンビニ、スーパーマーケット、ドラッグストアがトップスリーに。やはり少額決済の場所で利用されることが多いようだ。

キャッシュレス決済の利用が増えた場所は?

キャッシュレス決済は災害時など電気が利用できなくなった際に使えなくなるといった声や「キャッシュレス・消費者還元事業」が終了する2020年6月以降はおトク感が減るなどネガティブな声も聞かれるが、キャッシュレス化に対する期待について54.9%が「とてもそう思う」または「ややそう思う」と答えている。

今よりもっとキャッシュレス化を期待しますか?

なお、MMD研究所とVisaは第2弾としてキャッシュレス決済の利用サービスシェアや利用者の便益など普及に向けた要因や課題を発表するとしている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/06/01
更新:ドコモ、Xperia 1 IIの発売日は6月18日に

Appleニュース

2020/06/01
Apple Store、日本全店舗で営業再開。6月3日から

ワイモバイル

2020/06/01
ワイモバイル、UQ対抗で“ギガ”使い切っても通信速度1Mbpsに

Android

2020/05/30
Google、Android 11の発表イベントとベータ版の提供を延期
Recommendこんな記事も読まれています