ようやく容量問題が改善。Chromecast with Google TVの最新アプデ配信

bio
Yusuke Sakakura

ようやく容量問題が改善。Chromecast with Google TVの最新アプデ配信

テレビに挿してWi-Fiに繋ぐだけでYouTubeやNetflixなどの動画を大画面で楽しめるストリーミングデバイス「Chromecast with Google TV」に最新バージョンのアップデートが配信されています。

付属のリモコンで操作できるホーム画面を搭載したことで注目を集めた「Chromecast with Google TV」ですが、これまでに大きな問題が2つ報告されていました。

1つはホーム画面の動作がモッサリで遅くストレスを感じること。もう1つはストレージを約半分しか使えないことです。今回のアップデートはこれらの問題に対処するものになっています。

動作のモッサリ感は変わらず

2021年12月に配信されたChromecast with Google TVのアップデート内容は以下のとおりです。

アップデート内容
  • セキュリティアップデート:Androidのセキュリティパッチレベルが2021年10月に更新
  • ストレージの最適化とマネジメントを改善
  • 一部アプリでプラットフォームの改善
    • HDR HLGではなくHDR10で再生
    • Dolby Visionの再生
    • DRMビデオのデコーディングのパフォーマンス改善
    • その他の不具合とパフォーマンスの改善

最新版(QTS1.210311.036)へのアップデートが完了すると、使用していたストレージの容量が大幅に増えます。手元のChromecast with Google TVでは、アップデート前の使用可能な容量が143MBでしたが、アップデート後はアプリの容量が圧縮されたことで599MBまで増えました。

アップデート前アップデート後
アップデート後に空き容量が増加

また、設定画面のシステム>ストレージの配下に「空き容量を増やす」が新たに追加されて、キャッシュの削除とアプリのアンインストールが可能になります。

これは8GBのストレージを搭載しながら、使用可能な容量が約半分の4GBしかないことでアプリを削除しながら使う必要があった問題に対応するものです。

「空き容量を増やす」機能が追加

「空き容量を増やす」機能が追加

もう1つの問題として指摘されている動作のもっさり感もパフォーマンスの改善が実施されていますが、残念ながら体感は大きく変わっていません。

Chromecast with Google TVのアップデート方法は以下のとおりです。

  1. STEP 1

    Chromecastの設定メニューを表示

    Chromecast with Google TVを起動してホーム画面の右上のプロフィールアイコンをタップしましょう。

    Chromecastの設定メニューを表示

  2. STEP 2

    設定画面に進む

    メニューの中から「設定」に進みます。

    設定画面に進む

  3. STEP 3

    システムに進む

    メニューが表示されたら「システム」に進みましょう。

    システムに進む

  4. STEP 4

    デバイス情報を選択

    さらに「デバイス情報」に進みます。

    デバイス情報を選択

  5. STEP 5

    システムアップデートを選ぶ

    「システムアップデート」を選びます。

    システムアップデートを選ぶ

  6. STEP 6

    アップデートのダウンロード

    アップデート内容を確認して「ダウンロード」をクリックします。

    アップデートのダウンロード

  7. STEP 7

    再起動する

    ダウンロードが完了したら「今すぐ再起動」ボタンを押すとアップデートがスタートします。

    再起動する

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています