新型コロナアプリ、接触検出の精度を最適化。まずはiOS版で

スマホアプリ

新型コロナアプリ、接触検出の精度を最適化。まずはiOS版で

9月8日、厚生労働省が「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の最新版となるバージョン1.1.3をApp Storeで公開した。

今回のバージョンでは、接触の検出精度の適正化を行うために内部処理が改良されている。

Android版は近日中に公開予定

接触確認アプリはスマートフォンのBluetooth機能を使って新型コロナウイルス陽性者との接触を検知するというもの。接触の条件は約1メートル以内の距離で15分以上とされているが、Bluetoothの性質や機種の性能、周辺環境などによって計測する距離や時間に差が生じるため、継続的な設定の見直しが必要になるそうだ。

これまでにスマートフォンの利用環境などによって想定しているよりも広範な接触が検知されているのではないか、本来検知すべき接触が検知されていないのではないか、という疑いのある事例もあるため、改めて接触検知の仕組みについて見直しが行われており、今回のバージョンでは接触の検出精度の適正化を図るため内部処理が改良されているとのこと。

今回はiOS版のみ最新版が公開されているが、近日中にAndroid版も公開すると案内している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説
Recommendこんな記事も読まれています