bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

業界初の格安SIM付き雑誌「デジモノステーション」が電子雑誌に移行

格安SIM

業界初の格安SIM付き雑誌「デジモノステーション」が電子雑誌に移行

格安SIMを付録にした雑誌を業界初として発売した「デジモノステーション」が、2016年6月号から印刷媒体から電子雑誌に移行することを発表しました。

業界初の格安SIM付録雑誌「デジモノステーション」が電子雑誌に移行

エムオン・エンタテインメントの発表によると、デジモノステーションは4月25日発売予定の号から電子雑誌に移行するとのこと。

雑誌『デジモノステーション』は、2016年6月号(2016年4月25日発売予定)より、印刷媒体から電子雑誌『デジモノステーション』へと移行し、新Webメディア『DIGIMONO!(デジモノ!)』と併せて、デジタルデバイスへの情報発信を中心に据えた媒体として生まれ変わります。

引用元:デジモノステーションからのお知らせ – DIGIMONO!(デジモノ!)

デジモノステーションは、2014年末に業界初の格安SIMを雑誌の付録にした増刊号「SIM PERFECT BOOK 01」を発売。

業界初の格安SIM付き雑誌「デジモノステーション」が電子雑誌に移行

500MBを無料で使える格安SIMが付録され、初期費用の3,000円が不要、電話で申し込みを行えば、付録されている格安SIMをすぐに利用可能、月額プランへの移行も可能といったことから、大きな話題となり、発売直後にネットショップや、コンビニ、書店での売り切れが続出していました。

昨年6月には、第2号として「SIM PERFECT BOOK 02」を発売。500MBが無料で使える、au系の格安SIMを提供するmineo(マイネオ)のプリペイドパックが付録されていました。

業界初の格安SIM付き雑誌「デジモノステーション」が電子雑誌に移行

今年は、格安SIM業界で初となる499MBまでなら無料で使える「0SIM (ゼロシム) by So-net」を増刊号ではなく、本誌の付録として発売すると、これまた大きな話題になりました。

業界初の格安SIM付き雑誌「デジモノステーション」が電子雑誌に移行

電子雑誌に移行することで、格安SIMを付録することは不可能になりますが、申し込み後にSIMカードを発送する形で提供したり、増刊号の「SIM PERFECT BOOK」シリーズのみ紙媒体として発売される可能性が、もしかするとあるかもしれません。

なお、電子雑誌のデジモノステーションは、ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」、auの「ブックパス」で配信されており、アマゾンのKindleストアなどでも購入が可能です。

デジモノステーション 2016年 4月号

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AIスマートスピーカー

2018/08/16
LINE、ミニオン語もしゃべるスマートスピーカー「Clova Friends MINIONS」を8月21日発売

iOS

2018/08/16
またiPhoneの「AirDrop」を悪用した事件。わいせつ画像を送信した男性が書類送検

Twitterニュース

2018/08/16
Tweetbot 4 for Twitter、タイムラインのストリーミングを削除。通知は数分の遅延・無効化も

AirPods

2018/08/15
AirPods、サードパーティのワイヤレス充電マットにも対応か
Recommendこんな記事も読まれています